1.5次会は会費制が多い☆素敵なパーティーにするためのポイント

1.5次会は会費制が多い☆素敵なパーティーにするためのポイント | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

結婚式の1.5次会は、披露宴と二次会の中間のようなウェディングパーティー☆

会費制の場合とご祝儀制の場合の両方がありますが、7割近くが会費制で開催されています。

海外挙式のカップルも増え、お披露目のための1.5次会が人気の今、会費の相場や会費相応の料理スタイル、さらに受付での会費の渡し方など気になることがいろいろありますよね。

他にも持ち出し金は?お車代は?ご祝儀は必要?など、招いたゲストにがっかりされない、ゲストに招かれても戸惑わないための1.5次会の会費にまつわるあれこれをご紹介します♪

1.5次会ってなに?

1.5次会ってなに?会費制かご祝儀制か

一般的に披露宴はご祝儀制、二次会は会費制ですが、1.5次会は披露宴と二次会の中間のようなウェディングパーティーですから、「会費制」が選ばれることが多いです。

主催するご新郎さまご新婦さまにも、招待されるゲストにも費用負担が少なくてすむことから、最近特に人気のウェディングスタイル♪

会費を抑えると、呼びたい人をより多く招待できる点も1.5次会が好まれるポイントです。

1.5次会をおすすめするカップル

1.5次会を行うカップルに多いのは、海外挙式後に国内でお披露目、というパターンです。

この場合には、親族とは食事会を行い、友人たちを招待してカジュアルな感じでパーティーを催します。

その他にも、お互いの出身地が離れていて、それぞれの地元でお披露目パーティーをしたいカップルなども、披露宴よりカジュアルな1.5次会にメリットを感じるようです。

「フォトウェディングのつもりだったけどやっぱりパーティーをしたくなった。」、「授かり婚で時間もお金もかけすぎないでお披露目したい。」といったカップルにもおすすめです♪

どんな場所で行われる?

1.5次会が行われるのが一番多い場所は「レストラン」。人気の理由は、ゲストのパーティーへの印象を左右する料理が美味しいことと、アットホームな雰囲気も出せるということ☆

ついで「結婚式場」や「ホテル」が選ばれ、小数派ですが「カフェ」で行うカップルもいます。

「レストラン」での1.5次会ではゲストのドレスコードはほとんどが「セミフォーマル」。露出は抑えつつ、ワンピースなどカジュアルダウンさせた服装でOKです。

場所が「結婚式場」や「ホテル」だったり、ご親族も一緒の場合などはフォーマルな装いが間違いありません。

パーティー内容はオリジナルで!

1.5次会は2.5時間ほどが一般的ですが、レストランやカフェで行うならお店と相談して時間も内容も自由に。

海外挙式を行ったカップルは結婚式の模様をDVDで流したり、アットホームなパーティーなら新郎新婦が司会をしたり、ゲスト全員がスピーチをしたりといった演出も♪

パーティーを左右するポイントは、ゲストにご家族、ご親族や会社の上司を招くかどうかで、その場合には披露宴寄りの進行が行われることが多いようです。

1.5次会の会費相場

料理スタイルと会費相場

ゲストに満足してもらう会費制の1.5次会にするには、何といっても料理の内容とドリンクが設定した会費相応になっているか一番大切です。

6割ほどのカップルが会費を1万円未満と設定するようですが、二次会よりは高い会費になるのでビュッフェスタイルを選んでもしっかりとした料理を用意したり、ドリンクの種類も充実させたり、人気のデザートビュッフェをつけたりなどの配慮が必要です。

例えば1.5万円ならば乾杯はシャンパンで、着席のフルコース料理といったバランスをわきまえた料理スタイルを用意しましょう。

事前にご家族や友人などに、意見を聞いておくと安心できますね♪

会費の還元と自己負担金

会費制は、会費×人数で集まる総額が計算できるのがおふたりにとってのメリット

ただし、体験談によると全てを会費内でまかなおうとすると、ゲストに見透かされて印象の良くないパーティーになってしまうようです。衣装代は持ち出し分として、さらにおふたりがこだわる演出やギフトの部分はプラスで自己負担するくらいの方が良いでしょう。

自己負担金が50万円未満のカップルが4割弱で、100万円を超えるカップルが3割強という調査結果もありますが、どちらにしても披露宴よりはリーズナブルに行えるので、ゲストへのおもてなしの気持ちで持ち出し分を想定する方が、満足のいくパーティーになるようですよ♪

会費の男女差

結婚式の二次会の場合は男女差を設けることも多いですが、1.5次会で男女差をつけることはあまりありません

受付での集金も煩雑になりますので、もし男女差をつける場合でも、千円差にして受付ではお札だけ扱うような設定にするといった工夫が大切です。

1.5次会にかかる費用あれこれ

お車代

遠方からのゲストを招く時、披露宴では通常、半額から全額でお車代を用意しますが、1.5次会でも用意する方が良いでしょう。予算の都合上、出せない場合は事前にお伝えしておくことをおすすめします。

また、司会をお願いした友人・知人や受付をお願いした友人へのお礼もあるのがマナーですが、直接お金を手渡すのではなく、そうしたご友人達をお食事会に招待してお礼とした、海外挙式のお土産を手渡した、といったカップルもいます。

感謝の気持ちですから、何かしらのお礼を用意しておきましょう。

招待状の注意点

1.5次会の招待状を披露宴のような紙のものを送るべきかどうかもやはり会費設定によります

高めの場合は、紙の招待状で送るべきです。会費や内容がカジュアルで、招待するゲストも友人・知人の場合はメールSNSでの招待でもアリです。

場合によっては、年配の方には紙で、友人へはメール、と分けることももちろんOKです。

招待状には、会費やドレスコード、出欠の期日は忘れずに記載しましょう。

引き出物かギフトか

披露宴ではゲストへ引き出物・引き菓子・プチギフトを、二次会でもプチギフトを用意するのが一般的ですね。ちなみに、引き出物は感謝を込めて両家が用意する品物で、ゲストのご家族へのお土産の位置づけが「引き菓子」。バウムクーヘンなどの縁起物の焼き菓子や紅白まんじゅうなどがあります。

プチギフトは退出の時にご新郎さまご新婦さまから手渡される小さなギフトのこと。

1.5次会では、引き出物ではなく、このプチギフトを用意するのが一般的。可愛いラッピング込みで200円~500円前後のものが多いです。

もはや定番のフルーラや、チョコレート、こだわりのコーヒー豆などお洒落で人気のプチギフトをセレクトして、ゲストの笑顔を引き出しましょう♪

1.5次会の会費でゲストが迷うこと

会費の渡し方

1.5次会の会費でゲストで迷うのが、ご祝儀袋に入れて渡すべきか否かでしょう。基本はご祝儀袋に入れる必要はありません

封筒に入れて受付で渡しても構いませんが、受付の方が取り出して確認しますので、財布から直接お支払いしても問題ありません。ちなみにお札も新札である必要もありません。

1.5次会を行うカップルの気持ちとしては、ゲストになるべく負担をかけたくないということですので、堅く気構えず出席してください♪

ご祝儀を渡したい

会費制の1.5次会の場合、招待状のなかで「ご祝儀などのお心遣いはなさいませんよう、お願い申し上げます。」と伝えてくることも多いですし、会費と別にご祝儀を用意する必要はありません。

ですが、ご親族や上司などでご祝儀を渡したいと思うゲストもいらっしゃるでしょう。その場合は会費に上乗せすると受付の方が困ってしまうため、ご祝儀袋に入れてお渡ししましょう。

ご新郎さまご新婦さまも、お祝いしたいという気持ちをこころよく受け取り、別にご祝儀をくださったゲストには後日、お礼状とともに内祝いのお品などをお送りしましょう。

お祝いのプレゼントを渡したい

ご祝儀ほどではないけれど、お祝いの気持ちを伝えたい場合には「プレゼント」を用意するのも良いですね。新居で使える食器や雑貨、日用品やお花、ギフト券などが一般的です。

おふたりに喜んでもらいたいという気持ちがあれば、金額に相場はありませんのでできる範囲で用意しましょう。

ご友人同士で募ってプレゼント、などもけっこう定番ですね。ただし、当日おふたりは荷物が多くなるものですので、当日ではなく別日に送ったりする気配りが必要かもしれません。

枠組みにとらわれない自由なスタイルができる1.5次会だからこそ迷いも多い会費の設定。

ゲストをがっかりさせないためには支払う金額相応の料理演出になっているかがポイント

1.5次会を考えているおふたりはゲストの喜ぶ笑顔を想い浮かべておもてなしの心で準備すれば、間違いないはず。

アットホームにわいわい盛り上がるか、こだわりのテーマを設定するか、おふたりの満足のいくパーティーを実現してください♪

 

「会費婚」から結婚式準備のための完全ガイドご用意いたしました!
結婚式準備から当日、終了後まで、時系列でわかりやすい一冊のガイドになっています。
どのタイミングでどんな準備するのか、より楽しみながらイメージを膨らませることがでいます。
ぜひこれからのご準備にお役立てください!

【会費婚note】に「いいね♡」する