結婚報告の文例が知りたい!気持ち良い報告をするための方法とは!

入籍を済ませたら、身近な人たちへの結婚報告をするのが結婚の段取りの通例です。
しかし、いざ結婚報告となると、どんな文章で伝えたら良いのか困惑してしまう事も少なくないですよね。
また様々な相手に対して報告をするケースが多いですから、文章のパターンも考えておかなくてはなりません。
そんな結婚報告を、文例と共にご紹介していきます!

結婚報告の重要性

「結婚は当人同士のプライベートで、周りの人にわざわざ伝える必要はないんじゃないの?」
というように、考える人もいますよね。
確かに、結婚は二人のプライベートです。
しかし結婚したと言う事は、生活環境が大きく変わったという事にもなります。
それは名字や住所の変更を含めて、守るべき家族ができたという事にもなってきますよね。

そんな大きな変化なのですから、お付き合いのある人たちへはしっかりと門出の報告をするというのが一般的です。
この報告をしないでいると、マナー違反と考えられてしまうケースもあるんですよ。
大々的に騒ぎ立てたくない!という人も、結婚したという事実の報告だけはしておくのが大人としてのたしなみです。
これによって、周囲の人たちとの今後のお付き合いも円滑に進む事に繋がるのではないでしょうか。

結婚報告の文例まとめ

では実際に、どんな方法で報告をするのか見てみましょう。

・直接伝える
・電話
・ハガキ
・メール
・SNS

様々な方法がありますが、一番良いのは「直接伝える」事です。
しかしなかなか直接会えないという場合には、結婚報告ハガキを活用するのも手ですね。
メールでの報告もアリですが、正式な報告としては電話やハガキの方が良いとされています。
そこで、文面で報告をする場合の文例をご紹介していきます。

上司や目上の人へ送る場合

文例1

この度私は○○さんと入籍を致しました
それに伴いまして名字が○○へと変わります
まだまだ未熟な私たちではございますが 今後もご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します

文例2

私事ではございますが ○月○日に入籍をしました事をご報告致します
相手は株式会社○○の○○さんで 今後は名字が○○となります
何分にも至らぬ二人ではございますが これからも末永いお付き合いをお願いできればと存じます

文例3

私事で恐縮ですが この度○月○日に○○さんと結婚致しました
今後は二人で力を合わせて 暖かい家庭を作っていければと思っております
皆様にはたくさんのご配慮を頂戴し 心より感謝申し上げます
これからも変わらぬお付き合いの程 よろしくお願い致します

友人等へ送る場合

文例1

この度○月○日に入籍をし 私たちは家族となりました
何かと至らない点の多い私たちですが 今後とも是非お付き合いの程よろしくお願い致します
またお近くへお越しの際は 是非遊びにいらして下さいね!

文例2

私たちは○月○日に結婚し 二人で新しい人生をスタートさせました
まだまだ未熟な二人ですが 是非これからもお付き合い頂けると嬉しいです!
今後とも よろしくお願い致します!

文例3

私たち結婚しました!
これからはふたりで力を合わせて 暖かい家庭を作っていきます
新居へも 是非遊びに来て下さいね!

相手や状況に合わせて適切な文章を!

結婚の報告は、今後の相手との付き合い方を決める大切なものと言っても過言ではありません。
たかが報告!と考えていては、いつの間にか友人が離れていってしまっていたなんていうケースも少なくないんですよ。

また報告は、できれば直接伝えるのがベストです。
しかし電話やハガキなどでの報告も、マナーさえ守れば正式な報告となるんです。
メールやSNSでの報告も増えていますが、目上の人や大切な友人には是非正式な報告をしていきたいですね。
人生で最大とも言える幸せな報告ですから、是非相手に合わせた適切な報告をしていきましょう!

 

『会費婚』は本格的な結婚式から、カジュアルな1.5次会まで幅広くご利用頂けるサービスです。 ゲストも大満足の会費制結婚式や1.5次会は会費婚にお任せください。

『会費婚』は本格的な結婚式から、カジュアルな1.5次会まで幅広くご利用頂けるサービスです。
ゲストも大満足の会費制結婚式や1.5次会は会費婚にお任せください。

rara 犬やウサギ、爬虫類と1歳の息子がいる大家族のママライターです(*^^)v
 【会費婚note】に「いいね♡」する