「ご祝儀制結婚式」が人気の理由とメリットをご紹介!

「ご祝儀制結婚式」が人気の理由とメリットをご紹介! | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

2020.8.31st.

ご祝儀制結婚式
爆発的な人気を誇る「会費制結婚式」と、従来の形式にこだわる「ご祝儀制結婚式」。
今この記事に辿り着いたあなたも、どちらにしようかと迷っているプレ花嫁さんのお一人ではないでしょうか。
それぞれ沢山のメリットがありますが、あなたは本当に全てのメリットを把握していますか?

ご祝儀制結婚式とは

ご祝儀制結婚式とは、ホテルやゲストハウスで開催される挙式・披露宴によく見られる形式で、ゲストからいただく金額が会費制結婚式よりも多くなる傾向にあるため、集まったご祝儀である程度の費用がまかなえるのが特徴です。

 

\ ゲストにも嬉しい会費制結婚式 /
>>「会費婚」の資料請求をする<<

 

ご祝儀制結婚式のメリットは3つ

ご祝儀制結婚式とは、平均3万円の「ご祝儀」を頂く結婚式です。
従来型の結婚式として根付いているスタイルですが、会費制結婚式に比べると予算が高いというデメリットがあります。
さてこの「ご祝儀制結婚式」、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

財力や人脈をアピールできる

会場のランクや装飾などにとことんこだわり、豪華絢爛な結婚式にすることで両家の財力をアピールすることができます。
また、ご祝儀制結婚式では主賓・来賓ゲストが必ずいるので、両家の人脈の広さをアピールすることも可能です。

相場が決まっている

ご祝儀制結婚式は、招待するゲストの人数にもよりますが平均300~400万円と相場が決まっています。
ただし、ご祝儀が予想していたよりも少なかった、一生の記念だからとオプションを追加して最終的に赤字になった、というケースも多くみられます。
また、ご祝儀制では全額を前払いするケースが一般的です。

高齢者にはご祝儀制が好まれる

会費制結婚式は北海道では文化として根付いていますが、数が増えているとはいえ全国的にはまだ“新しいカタチ”の結婚式です。
若いゲストに喜ばれる会費制結婚式ですが、年配のゲストからはご祝儀制の方が好まれる傾向にあります。

会費制結婚式との違い

会費制結婚式とは、招待の時点でゲスト一人あたりからいただく金額が明確になっていて、ご祝儀制よりも抑えた価格になっていることが特徴です。
金額が決まっている分ゲストも参加しやすく、カジュアルなパーティーにオススメです!

 

\ 自己負担5万円からのカジュアルパーティー /
>>「会費婚」の資料請求をする<<

 

会費制結婚式にもメリットはある

会費制結婚式とは、ゲストからご祝儀ではなく「会費」を頂く結婚式です。
北海道が発祥なのですが、今は20代のカップルを中心に全国的に広がっており、爆発的な人気を誇ります。
さてこの「会費制結婚式」、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

自己負担額が少ない

当サイトでもご紹介している「会費婚のパッケージプラン」では、自己負担がなんと5万円から可能です。
数百万円もの大金を用意しなければいけないご祝儀制とは、自己負担額の桁が違います。
また、当日の会費で支払いになるので、数百万円の前払いをする必要もありません♪

⇒CHECK!【え、ホント?!貯金0円でも結婚式ができる方法がある?!】の記事はコチラ

ゲストの負担を軽減できる

会費制結婚式の平均的な会費は1.5万円~2万円、3万円が相場のご祝儀結婚式と比べると1万円以上の差額が出ます。
皆さんもご経験があるかと思いますが、「3万円はちょっとキツイ」のが本音ですよね。
勿論これ以下でもこれ以上でも、会場や演出内容に合わせて上下することが可能です。

⇒CHECK!【料理の形式は?会場は?引菓子は?【会費制結婚式の会費相場】目安ガイド】の記事はコチラ

引き出物を準備する必要がない

会費制結婚式はあくまで「会費」を頂くので、豪華な引き出物を用意する必要がありません。
ただし、お気持ちとして500円~1000円くらいの引菓子やプチギフトを用意するのが主流です。

⇒CHECK!【相場は?人気の品は?会費制結婚式で準備する引菓子やプチギフトのアレコレ】の記事はコチラ

準備期間がご祝儀制よりも短い

会費制結婚式は、ご祝儀制結婚式よりも準備期間が短くて済みます!
勿論こだわり抜く方はその分の打ち合わせが必要ですが、当サイトがご紹介している「会費婚」では、平均4回の打ち合わせのみで結婚式をすることが可能です。
お仕事が忙しくてなかなか準備時間を取れない・お急ぎ婚・授かり婚のカップルは、準備期間が限られているのでイチオシです♪

カジュアルにも本格的に演出できる

「会場はレストラン」というイメージが強い会費制結婚式ですが、一流ホテル・人気の結婚式会場などでも披露宴をすることが可能です。
・カジュアルに友人だけでパーティーをしたい ⇒ レストランや人気のカフェ
・予算を落としつつも豪華な披露宴をしたい ⇒ ホテルや結婚式場
など、会費制結婚式はお好み通りに演出することが可能です♪

⇒CHECK!【こんなにも選択肢がある!会費制結婚式で使用できる会場の種類ガイド】の記事はコチラ

多くのゲストを招待できる

会費制結婚式は、ゲストの人数に合わせて会場やパーティー形式を好みにカスタムできるので、大勢の人を招待することが可能です。
会場に合わせて人数を決めなくても良いので、特に友人・知人の多いカップルにおすすめ!
会場をゲストハウスや大型のレストランにし、食事形式を立食スタイルにすれば、数百名のゲストを招待することも可能です。

⇒CHECK!【メリットは?デメリットは?会費制結婚式を立食パーティー形式にする前に知っておきたいアレコレ】の記事はコチラ

 

\ 持ち込み料無料で自由なパーティーも /
>>「会費婚」の資料請求をする<<

 

今、会費制結婚式が注目されている!

会費制結婚式とご祝儀制結婚式のメリットはもうお分かりいただけましたよね!
両者の一番の違いは、ゲストから「ご祝儀」として頂くか「会費」として頂くかというポイントです。
高額になりがちなご祝儀制結婚式よりも、自己負担額もゲストの負担も減らすことができ、しかも好みの会場や演出をカスタマイズできる「会費制結婚式」…とても魅力的ではないでしょうか?
少しでも会費制結婚式が気になったというそこのあなた、自己負担5万円から本格的な会費制結婚式ができる「会費婚」ラウンジに、気軽に遊びに行ってみませんか?

会費婚なら会費制とご祝儀制の合わせ技も可能

「会費婚」ていう名前だからって会費制の結婚式しかあげられない訳ではないってご存知でしたか?

実は、会費婚では、会費制はもちろん、ご祝儀制の結婚式も対応OKなんです!
ご親族はご祝儀制、ご友人会社関係のみ会費制にするといったご祝儀制と会費制をミックス使いができるのも魅力です。
ゲストの構成や自己負担の予算などからぴったりのプランや会場が見つかるはず。
お二人らしい結婚式を一緒に考えていきましょう。
まずは、会費婚ラウンジに気軽にご相談ください☆

ご祝儀制結婚式の費用相場例

Standardスタンダード

プラン:スタンダードプラン
会 場:グランドニッコー東京 台場
料 理:着席コース
人 数:90名様
グランドニッコー東京 台場
お申込金:50,000円
会費合計:2,430,000円 会費内訳(1人あたり:27,000円×90名様)
総額:2,480,000円
ゲスト負担:2,430,000円
自己負担:50,000円
>>プランについて、もっと詳しく見る

Premiumプレミアム

プラン:プレミアムプラン
会 場:ヒルサイドクラブ迎賓館 八王子
料 理:着席コース
人 数:100名様
ヒルサイドクラブ迎賓館 八王子
お申込金:250,000円
会費合計:2,750,000円 会費内訳(1人あたり:27,500円×100名様)
総額:3,000,000円
ゲスト負担:2,750,000円
自己負担:250,000円
>>プランについて、もっと詳しく見る

Premium + Optionプレミアム + オプション

プラン:プレミアムプラン
会 場:センチュリーコート 丸の内
料 理:着席コース
人 数:80名様
センチュリーコート 丸の内
お申込金:250,000円
会費合計:2,120,000円 会費内訳(1人あたり:26,500円×80名様)
オプション合計:300,000円 (ドリンクグレードアップ/ライブエンドロール)
総額:2,670,000円
ゲスト負担:2,120,000円
自己負担:550,000円
>>プランについて、もっと詳しく見る

 

\ ドレスの持ち込みももちろん無料 /
>>「会費婚」の資料請求をする<<

 

ご祝儀制結婚式でよくある質問

新郎
ご祝儀制のメリットはなんですか?

スタッフ
ご祝儀制であれば一般的には3万円をゲストからいただくことができるので、会費制に比べると多くの金額が集まる可能性が高いです。
その分、引き出物をつけたり、料理をグレードアップするなどして、ゲストを「おもてなし」することが可能になります。

新婦
ご祝儀制か会費制かで、選べる会場やプランは変わってきますか?

スタッフ
ご祝儀制でも会費制でも、選べる会場やプランは変わらず、好きな会場で好きなプランで開催することが可能です。
料理はご祝儀制の場合は立食ビュッフェ・着席ビュッフェのケースは少なく、イタリアンやフレンチのフルコースを選ばれる方が多いです。

新婦
ご祝儀制の場合、遠方から来られたゲストにはお車代が必要ですか?

スタッフ
ご祝儀制の場合は、お車代を払われるのが一般的です。
逆に会費制であれば会費にもよりますが、2万円を超える場合はお気持ちとしてお車代が支払われるケースが多いです。

>>よくある質問一覧はこちら

会費婚

『会費婚』は本格的な結婚式から、カジュアルな1.5次会まで幅広くご利用頂けるサービスです。
ゲストも大満足の会費制結婚式や1.5次会は会費婚にお任せください。

◆この記事の関連記事◆
1.5次会について
会費制結婚式について
お披露目パーティーについて

「会費婚」がよく分かる特別資料冊子をご用意いたしました!
1. 「会費婚ってどういうサービス?」「会費婚と一般的な結婚式って何が違うの?」がよくわかるサービスガイド。
2. 会費婚でご提案できる会場(一流ホテル/有名レストラン/おしゃれなゲストハウス)がひと目で分かる会場紹介。
3. 会費婚で実際にパーティーを開催された方の声が集まったプランガイド。
の3冊セットです!
ぜひこれからのご準備にお役立てください!

会費婚結婚式 https://www.kaihikon.com 会費婚では、価格保証された新しい結婚式として、 自己負担5万円とゲストのみなさまに優しい会費制(お一人様あたり平均15,000円~20,000円)を採用し、 ホテルやゲストハウスなどの一流会場で、 従来のご祝儀制でおこなう結婚式と変わらない挙式&披露宴を実現いたします。