結婚式お祝いのお返しにカタログギフトはあり?!喜ばれる選び方とは

結婚式お祝いのお返しにカタログギフトはあり?!喜ばれる選び方とは | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

結婚式では、ゲストに引き出物としてお祝いのお返しを贈ります。
そしてそれとは別に、結婚のお祝いを頂いたら内祝いを贈るのがマナーです。
この内祝いで、カタログギフトを贈るのはありなのでしょうか?

結婚のお祝いを頂いたら内祝いを送る

結婚のお祝いを頂いたら、お返しとして内祝いを贈るのが通例です。
内祝いで贈る品は、特に決まっている訳ではありません。
贈る相手に合わせて、相手が喜ぶ品物を選ぶのが一番良いのです。
それは食器であったりお菓子であったり、タオルかもしれません。
どんなものであれ、相手が喜ぶかどうかが品物を選ぶ一番のポイントと言えます。
そして内祝いは、お祝いを頂いてから1ヶ月以内に送る様にしましょう。
結婚式のタイミングで頂いたのであれば、結婚式から1ヶ月以内で贈る様にしましょう。

カタログギフトはお返しとしてあり?

最近では、内祝いにカタログギフトを贈る人が大変多くなっています。
結婚式の引き出物でも、カタログギフトを選ぶ夫婦が大変多いとされています。
カタログギフトが人気となっている秘密は、「相手が品物を選べる」という点にあります。

結婚式の引き出物や内祝いでは、自分の好みとは違うものを頂いてしまうケースも多くあります。
例えお返しとして頂いたものとは言え、不必要なものを頂いても困ってしまうのが現実なのです。
そこで、カタログギフトが人気となってきているのです。
カタログギフトならば例え相手の好みが分からない場合でも、安心して贈る事ができます。
また年代を問わず喜んでもらえることこそ、カタログギフトの強みなのです。

カタログギフトの選び方とは?

内祝いは、頂いたお祝いの1/2~1/3を目安として価格を設定するのが一般的です。
これはカタログギフトを内祝いとして贈る場合も同様で、該当する価格帯のカタログギフトを選んでいきましょう。
また、相手それぞれに合ったカタログギフトを選ぶのも大変良い事です。
例えば子供がいる相手ならば、子供用品の多いカタログギフト。
ナチュラルが好みの相手ならば、ナチュラル系に特化したカタログギフト。
ワインが好きな相手ならば、ワインに特化したカタログギフトなどです。
カタログギフトと一口に言っても、様々な種類があります。
こうして、相手に合わせたカタログギフトを贈る事も喜ばれる秘訣なのです。

カタログギフトのメリット

カタログギフトには、内祝いとして贈るメリットがあります。

どんな年代でも、喜ばれる

カタログギフトの最大の強みは、贈る相手を選ばない事です。
どんな年代の相手でも、自分に必要なものをもらう事ができるのが最大のメリットなのです。

不必要なものを贈る心配がない

いくら親しい相手からの贈り物とは言え、不必要なものは扱いに困ります。
せっかく「お返しの気持ち」として贈るのですから、相手にも喜んでもらえる品物を贈りましょう。

相手の好みが分からなくても安心

相手の好みが分からないというケースは、大変多い事と思います。
そんな場合でも、カタログギフトならば安心して贈る事ができます。

様々な価格のものがあるので、選びやすい

カタログギフトには、様々な価格帯のものが用意されています。
そのため頂いたお祝いに合わせて最適なものを選べる事も、カタログギフトのメリットと言えるのです。

相手に喜んでもらえるカタログギフトを選ぼう!

カタログギフトは、「自分で品物を選ばないからラクをしている」と考える人もいます。
しかしカタログギフトこそ、贈る相手の事を思って贈る事ができるプレゼントと言えます。
そしてカタログギフトであっても、相手の事を思って相手に喜ばれる種類を選ぶ事もポイントなのです。
多種多様なカタログギフトがある現在だからこそ、しっかりと選んで喜ばれるカタログギフトを贈っていきましょう!

「会費婚」から結婚式準備のための完全ガイドご用意いたしました!
結婚式準備から当日、終了後まで、時系列でわかりやすい一冊のガイドになっています。
どのタイミングでどんな準備するのか、より楽しみながらイメージを膨らませることがでいます。
ぜひこれからのご準備にお役立てください!

rara 犬やウサギ、爬虫類と1歳の息子がいる大家族のママライターです(*^^)v
【会費婚note】に「いいね♡」する