会費制結婚式でプレゼントを渡したい!どんなものを用意する?

会費制結婚式でプレゼントを渡したい!どんなものを用意する? | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

会費制結婚式と言えば、ご祝儀がいらない事が最大の特徴です。
しかし「何かしらの形でお祝いの気持ちを表したい!」と考える人も多いですよね。
特に新郎新婦が大切な人であればある程、心からのお祝いをしたいと思うものです。
そんな時どんなプレゼントを用意したら喜ばれるのか、どうやって渡したら良いのか調べてみました!

会費制結婚式でプレゼントは必要?!

1

ゲストから定額の会費を頂く事で、ご祝儀を辞退する前提となっている会費制結婚式。
この場合には、基本的にご祝儀やプレゼントを用意する必要はありません
会費はゲストが全員同じ金額を払う事となり、どのゲストも対等であるというのが基本の考え方となります。
そのためご祝儀やプレゼントを式当日に受付等で渡してしまうと、他のゲストも「私持ってきてない!まずいかな…」等と変に気を遣わせてしまう事があります。
また新郎新婦からしても、プレゼントをもらったゲストに対しては気を遣わなければならなくなってしまいます。

こうした気遣いを避けるためにも、ご祝儀やプレゼントは式当日は持参しないのがスマートです。
事前にお渡ししておくか、後日改めて送る等する方が、新郎新婦には喜ばれるのです。
本来こうしたお祝いは式当日に直接渡したいと思うものですが、会費制結婚式の場合には当日は避けた方が無難と言えそうですね。

どんなものを贈る?

2

ではどんなプレゼントが、新郎新婦に喜ばれるのでしょうか。

・タオルなどの日用品
・お皿やカップなどの食器
・雑貨
・お花
・食材
・商品券や旅行券
・カタログギフト

これらは、一般的に結婚のプレゼントとして選ばれる事の多い品です。
日用品や食器などはたくさんあっても困らないので、頂いても大抵の夫婦が喜びます。
雑貨やお花に関しては好みがあるかもしれませんが、普段自分たちでは買わないものを頂くというのはとても嬉しいプレゼントだったりしますよね。
食材に関しても好みの問題が出てきますが、美味しいものを贈られて嫌がる人はいないでしょう。

これらに対し、最近とても人気が高まっているプレゼントが「商品券や旅行券」「カタログギフト」です。
こうしたプレゼントは、贈られた相手が好きなものを選択できるのが特徴です。
そのため、好みなどを考慮しなくても良いので安心ですね。
「お祝い」として思い入れを込めたものをプレゼントを用意したい場合にはオススメできませんが、万人に喜ばれるプレゼントと言えます。

しかしどんなプレゼントを選んだとしても、あなたが新郎新婦の事を思って選んだものであれば喜んでもらえる事は間違いありません。
自分の趣味や好みで選ばず、相手の事を考えたプレゼントを心がけて選んでいくと良いでしょう。

プレゼントにはメッセージカードを添えてお祝いを伝えよう!

3

プレゼントには、お祝いを伝える「メッセージカード」を添えると大変喜ばれます。
「結婚おめでとう!」の一言だけでも、贈り主の温かみが伝わるものです。
特に会費制結婚式を挙げた新郎新婦へのプレゼントは、相手へのお祝いを純粋に表すものとなります。
このメッセージカードの書き方は、基本的にルールはありません。
但し忌み言葉や重ね言葉、句読点は避けておいた方が無難ですね。
式当日に渡さない方が良いとされる会費制結婚式ですから、なおさら改めてメッセージをもらえると嬉しいものなのです。

また、プレゼントの金額にも一切決まりはありません。
ここは「気持ち」ですから、お祝いを伝えたいという気持ちがあればそれでOKなのです。
是非あなたの大切な人へのお祝いの気持ちを、あなたなりのプレゼントとメッセージカードに込めて贈ってみましょう。

 

会費婚

『会費婚』は本格的な結婚式から、カジュアルな1.5次会まで幅広くご利用頂けるサービスです。
ゲストも大満足の会費制結婚式や1.5次会は会費婚にお任せください。

「会費婚」から結婚式準備のための完全ガイドご用意いたしました!
結婚式準備から当日、終了後まで、時系列でわかりやすい一冊のガイドになっています。
どのタイミングでどんな準備するのか、より楽しみながらイメージを膨らませることがでいます。
ぜひこれからのご準備にお役立てください!

rara 犬やウサギ、爬虫類と1歳の息子がいる大家族のママライターです(*^^)v