【一般常識?!】会費制結婚式って、どんな服装をすれば良いの?!

【一般常識?!】会費制結婚式って、どんな服装をすれば良いの?! | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

結婚式の服装って、結構悩む事が多いものですよね。
あまり目立ちすぎても嫌だし、地味すぎるのも嫌…
そんな事を考えだしたらきりがなくなってしまうものです。
今回は、会費制結婚式における服装の基本マナーを紹介していきます!

男性の服装マナー

男性の場合には、基本的にスーツを着用します。
色は黒・グレー・ネイビー等となりますが、派手すぎなければストライプでもOKです。
またジャケット・ベスト・スラックスのスリーピースの方が、より結婚式にはふさわしい服装となりますね。
Yシャツは白か淡い色のセミワイド、ネクタイは白や淡い色を選びます。
派手すぎないデザインであればストライプなどもOKですが、黒のネクタイはNGです。
蝶ネクタイの着用もOKですが、この場合には黒や紺等の濃い色を避けて明るい色を選びましょう。
タイピンやカフスボタンは、派手すぎないものを選んで必要に応じて着用します。
ポケットチーフは、用意しておいた方が良さそうです。

会費制結婚式においてはカジュアルスタイルでの開催も多いので、こうしたセミフォーマルから少しカジュアルにしたものでもOKという場合があります。
しかしこればっかりは新郎新婦の意向次第となってきますので、基本的にはセミフォーマルを心がけておくと良いでしょう。

女性の服装マナー

女性は、セミフォーマルのドレスを着用します。
ドレスの色は白や白に見える淡い色を避け、なるべく明るい色合いのものを選びます。
露出が少なめのデザインで、スカート丈は膝くらいまでのものがベストとなります。
肩が出てしまうデザインのものは、ショール等の羽織物を用意しましょう。
また、タイトすぎるデザインはNGです。
足元は必ずナチュラルストッキングを着用して、低くても良いのでヒールのあるパンプスを履きましょう。
つま先の見えるオープントゥは、基本的にはNGです。
そしてドレスや小物、靴全てにおいて、ファーや動物柄は殺生をイメージさせてしまうのでNGとなります。

パンツスタイルやスーツも、セミフォーマルではないためNGとされています。
しかし最近ではお洒落なパンツタイプのドレスも増えていますので、綺麗に着こなせるのであればパンツドレスでもOKそうですね!

髪型は?

男性も女性も、髪はしっかりとセットしていくのがマナーとなっています。
手入れのされていないヘアスタイルは、セミフォーマルの場には不適切なのです。
特に女性の場合には、アップスタイルが基本となります。
ダウンスタイルにする場合には、ストレートヘアであってもアイロンをかけてセットする必要があります。

またアクセサリーは、男女ともに派手すぎないものを見につけましょう。
キラキラと光りすぎるものは、新郎新婦より目立ってしまう可能性があるので避けた方が無難です。
シンプルに、品のあるアクセサリーを選ぶ様に心がけておきましょう。
最後に、香水は控えめにしておくのがマナーです。
多くの人が集まる場では、香りの好き嫌いも多くなってきます。
また食事を頂く場面もありますので、香水を付ける際は周りに十分な配慮が必要なのです。

基本的なマナーを押さえて、自分なりの着こなしを!

いかがでしたか?
結婚式という華やかな場では、ついついお洒落をしたくなるものです。
しかし結婚式の主役は、あくまでも新郎新婦です。
ゲストとしてお呼ばれをした時には、マナーの範囲内でお洒落を楽しむ事が大切となってきます。
また新郎新婦の意向によっては、こうしたマナーに当てはまらないケースも増えてきています。
もし少しでも服装に不安があるのであれば、新郎新婦に直接相談してみるのも良いかもしれませんね!
結婚式という新郎新婦の人生最大イベントですから、マナーを押さえた上でお洒落をして、結婚式に華やかな彩りを添えてあげましょう!

会費婚

会費婚は本格的な結婚式から、カジュアルな1.5次会まで幅広くご利用頂けるサービスです。
ゲストも大満足の会費制結婚式や1.5次会は会費婚にお任せください。

「会費婚」から結婚式準備のための完全ガイドご用意いたしました!
結婚式準備から当日、終了後まで、時系列でわかりやすい一冊のガイドになっています。
どのタイミングでどんな準備するのか、より楽しみながらイメージを膨らませることがでいます。
ぜひこれからのご準備にお役立てください!

rara 犬やウサギ、爬虫類と1歳の息子がいる大家族のママライターです(*^^)v
【会費婚note】に「いいね♡」する