【必見!】会費制結婚式で上司に喜ばれるポイントまとめ!

【必見!】会費制結婚式で上司に喜ばれるポイントまとめ! | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

一般的な披露宴よりもカジュアルでアットホームに実現できる結婚式スタイルとして、人気となっている「会費制結婚式」。
会費制結婚式を挙げたい!と考えた時、ふと気になるのが上司など目上のゲストの事ではないでしょうか。
カジュアルでアットホームな雰囲気では、上司には失礼になってしまうのではないか?
そんな心配は、ここで解消していきましょう!

会費制結婚式は上司を呼ぶと失礼になる?

会費制結婚式はカジュアルな形式のイメージが強いので、上司には失礼となると言われることもありますよね。
いつも仕事で大変お世話になっている上司に対しては、本来ならばきっちりとした結婚式で恩返しすべきと考える人も多くいる事は確かです。
しかし会費制結婚式と一口に言っても、そのスタイルには大変様々なものがあります。

カジュアルでアットホームな雰囲気が魅力!と言われる事が多い会費制結婚式ですが、実はそれだけが魅力ではありません。
会費制結婚式は、もちろんカジュアルな結婚式を作る事もできます。
その一方で、ご祝儀制の一般的な披露宴に近い結婚式を作る事もできるのです。

一般的に、カジュアルな結婚式だからと言って上司を呼ぶと失礼になる事はほとんどありません。
しかしどうしても気になる様であれば、ぜひ披露宴に近い結婚式を検討してみましょう。
披露宴に近い会費制結婚式ならば、上司に失礼にはなりませんよね。
また招待状を送る前には上司に一言、「会費制である」という事を口頭で伝えておくと丁寧です。

披露宴に近い会費制結婚式スタイルにするポイント!

披露宴に近い会費制結婚式スタイルにするためには、いくつかおさえておきたいポイントがあります。

会費設定

ゲストに上司などの目上の方が多いならば、会費は15,000~20,000円ほどを想定していきましょう。
会費制結婚式においては、会費設定で結婚式の内容の大枠が決まってきます。
上司などに手厚いおもてなしを用意するためには、15,000~20,000円ほどの会費設定にする必要があるのです。

会場選び

会場は、上司が足を運びやすい場所を選んでいくと親切です。
またレストランなどのアットホームな感じが売りの会場よりも、ホテルやチャペルなどの会場の方が安心です。

お料理

会費制結婚式においては、お料理の種類も会費によって設定されています。
ビュッフェからフルコースまで、好きなスタイルを選ぶ事ができるのです。
上司や目上の方を多く招待する場合には、着席フルコースを選ぶ様にしましょう。

演出や装飾

会費制結婚式では、演出や装飾もそこまでこだわらないという人が多くいます。
しかし上司を招くのであれば、演出や装飾もおもてなしとしてある程度しっかりと用意していきましょう。

会費とは別にご祝儀をもらった場合は?

可愛い部下のためならばと、会費制結婚式にも関わらずご祝儀を用意して下さる上司もいますよね。
そんな優しい上司からご祝儀を頂いた場合には、後日しっかりと内祝いをしてお礼を伝えていきましょう。
内祝いは頂いた金額の1/3から1/2程度を目安として、相手に合わせた品物を選ぶと喜ばれます。
お礼は内祝いにお礼状を添える他、口頭でも直接伝えていきましょう。

会費制結婚式にはルールがない!

会費制結婚式は、基本的に「こうしなければならない」というルールがありません。
そのため、上司にも喜ばれるスタイルを自分なりに作る事が可能な結婚式なのです。
とは言え、始めての結婚式で自分なりの結婚式を作っていく事は大変困難です。
そんな時こそ、会費制結婚式のプロに相談していきましょう。

中でも会費制結婚式を運営している会費婚ならば、会費制結婚式運営のためのプロがたくさんアドバイスをくれますよ。
また会費制結婚式のサロンであっても、ご祝儀制の結婚式も対応可能な事が多くなっています。
もちろん、会費婚でもご祝儀制結婚式のプランニングも可能ですよ。
会費制結婚式とご祝儀制結婚式、どちらにするか決めかねている場合も是非プロへの相談がおすすめです。
新郎新婦だけで悩むよりも、ここは経験豊富なプロへ相談して決めていくと良さそうですね!

「会費婚」から結婚式準備のための完全ガイドご用意いたしました!
結婚式準備から当日、終了後まで、時系列でわかりやすい一冊のガイドになっています。
どのタイミングでどんな準備するのか、より楽しみながらイメージを膨らませることがでいます。
ぜひこれからのご準備にお役立てください!

rara 犬やウサギ、爬虫類と1歳の息子がいる大家族のママライターです(*^^)v