結婚のタイミングで転職を考える女性必見!妊娠・出産の時も安心できる仕事選びのコツ

結婚のタイミングで転職を考える女性必見!妊娠・出産の時も安心できる仕事選びのコツ | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

2016.7.28th. | By  | 

結婚を考えた時、それに伴い転職を考える女性が多くいます。
しかし女性は結婚すると会社で不利になってしまうイメージが強く、転職に躊躇してしまいがちです。
結婚のタイミングで転職をする場合は、結婚前と結婚後のどちらがより有利なのでしょうか。
安心できる仕事選びのコツを掴み、勝ち組女性を目指しましょう。

結婚のタイミングでの転職は不利?

1664bb3366fe906cf2669d80d4d6f4f7_s

結婚時の転職は、面接に通りにくい?そんなことはありません!

転職活動の際、大事なのはまず書類審査を通ること。ですが、書類審査を通ったとしても、面接が待ち受けています。
面接の時には、必ずと言っていいほど、「志望動機」や「転職の理由」を聞かれますよね。
「転職の理由は?」という質問に対して「結婚のタイミングなので…」と答えると、落とされてしまうのではないかと不安に思う女性は多くいます。
確かに、会社によっては結婚のタイミングでの転職を嫌がる所も多いです。
それはせっかく就職して仕事を教えても、妊娠して働けなくなってしまう可能性が高いからです。

しかし最近では、結婚や妊娠を控えた女性を積極的に採用しようとする企業も多くなってきています。
子育て世代の女性に対しては勤務時間を短くしたり残業をなくしたりと、理解を示してくれる会社が増えているのです。
こういった理解のある企業は、例え面接で「結婚を機に転職」と伝えたとしてもマイナスになる事はありません。

ですから面接では「結婚を機に転職」という事を隠さずに伝え、それでも採用してくれる企業を探していきましょう。
また、結婚のタイミングでの転職であることを隠して面接に受かったとしても、女性の働き方に理解のない企業で働いていく事は、妊娠・出産のことを考えると、将来的には厳しいと言えます。何より自分のこれからの人生設計と仕事に対する責任感とやる気をしっかり伝え、あなたの考え方を理解してくれる会社で働くのが一番です。

既婚女性にオススメなのはどんな会社?

既婚女性が働きやすい会社は、どんな企業でしょうか?結婚を期に転職する女性の転職をサポートしている企業の声をご紹介します。
ここでは働いていく環境のバランスの事を、ワークライフバランスと呼びます。

ワークライフバランスが取りやすい会社かどうかを判断する目安の一つとしては「既婚率」があります。
明確に既婚率と労働時間の因果関係があるというデータはありませんが、既婚率が高いと、常識の範疇で仕事量が決まっている可能性が高いのです。
既婚者がいるという事は、その会社に入社してから結婚しているか、結婚してからその会社に入っているので、直接関係のない第三者(配偶者)がそこで働くことに賛同しているという事ですから、極端な環境リスクは低いと考えられます。
面接で「結婚している方はけっこういらっしゃいますか?」「社員の何割くらいですか?」と聞いてみてもいいでしょう。

(参照元:http://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/233/)

結婚等に理解のある企業は既に既婚の社員が多い場合がほとんどなので、転職活動の一つの目安となりそうです。

転職するなら結婚の前?後?

77b07f05910ab22ed1a70e4cf083a492_s

結婚を理由に転職する場合、「結婚前に転職する」と「結婚後に転職する」の2パターンが考えられます。
どちらが、より有利に転職できるのでしょうか。

結婚前に転職するメリット・デメリット

結婚前に転職する事の最大のメリットは、心に余裕を持って新婚生活を迎えられる点です。
結婚は新しい家庭をゼロから作っていくこと。新しく始めた生活が落ち着くまでには時間がかかります。
仕事だけでも慣れた環境にあると、心にある程度の余裕ができると、生活も比較的早く安定します。
また結婚前の転職活動は、比較的スケジュールが組みやすく動きやすいという利点もあります。

しかし採用後に結婚して姓が変わる場合には、社内での手続き等が多少面倒だという難点が出てきます。
更に結婚式等の準備と転職活動の時期が重なってしまうと、一時的に多忙な時期が出来てしまいます。

結婚前の転職は、一長一短といったところ。
ただ、結婚後に妊娠出産を予定している場合、長い目で見ると結婚前の転職がおすすめです。
いずれ産休や育児休暇を取得する時に、仕事もまだ覚えてすらいない様な状況では周りの目も厳しく産後の復帰も難しくなってしまいます。
しかし結婚前の転職の場合には産休までの期間が比較的長いと考えられるので、産後の復帰を考えている方にはおすすめなのです。
この場合「結婚後何年程度で子どもを考えている」等の自分の計画を上司に伝えておくと、企業側も安心して仕事を任られる様です。

結婚後に転職するメリット・デメリット

結婚後に転職する事のポイントは、結婚式や引っ越し等の大きなイベントが終わっていて時間に余裕がある事です。新しい生活に慣れるまで大変な時期ではありますが、今まで準備等で何かと忙しかった時間を転職活動に当てる事が出来ます。
様々な事が新しくスタートする時期での転職は大変な事も多いですが、後悔しない転職活動のためには時間の余裕が必須です。

デメリットとしては、すぐに妊娠を考えている方にとっては特にですが、入社後すぐ産休になってしまうため、仕事に慣れる前に休まなくてはならなかったり、周囲の方への気まずさがあったりする点です。
逆に「子どもはまだ数年先!」と考えているのであれば、結婚後の転職が有利と言えます。
結婚後なので姓を変える手続きなく、安定して新しい職場でのスタートが出来るのです。

また正社員ではなくパート等への転職を考えている場合にも、結婚後の転職活動がおすすめです。家庭環境が整い、働ける時間がはっきりしてから転職活動をする事が出来るので、スムーズに進むことが多いためです。
結婚後であれば夫婦の生活リズムも掴む事ができ、夫婦に合った仕事を探す事ができるのです。

転職のタイミングは人生計画によって決める!

結婚前・結婚後の転職には、それぞれのメリットがあります。
転職のベストタイミングは、結婚後をどの様に過ごすかによって変わります。
結婚後すぐにでも妊娠を考えている場合には、結婚前の転職が有利となってきます。
妊娠はまだ先でしばらく夫婦二人の時間を楽しむ予定の女性は、結婚後にゆっくりと転職する方が良いと言えるのです。

 

結婚後の仕事、どんな働き方をする?

69b585ab396a6f328b4f4b888d8a5305_s

「転職」と一口に言っても、その雇用形態は様々です。それぞれどんなメリットがあるのか見てみましょう。

既婚女性にとって、正社員で働くメリット

正社員のメリットは、収入が安定している事が一番です。
収入の額も比較的多く、ボーナス等が出る企業であれば更に嬉しいポイントとなります。
また産休や育休が取れる事も、大きな魅力と言えますね。また、会社によっては、福利厚生などで妊娠・出産のタイミングで手当金を得ることができる可能性もあります。
産休や育休は年単位の休暇にもなり得ますが、妊娠出産を経ても戻れる会社があるという事は、長い目で見ても安心して生活が出来ると言えます。
更にまだまだ仕事でのキャリアを積んでいきたいと考えている場合にも、正社員として働いていく方が良さそうです。

既婚女性にとって、パートで働くメリット

パートとは、正社員よりも労働時間が短い雇用形態です。
主婦のイメージが強いパートですが、やはり一番のメリットは仕事の時間が短めであるという点です。
家事や育児、保育園の送迎等で時間に制限があると、正社員よりもパートの方が時間の都合がつけやすいと言われています。
また労働時間は短いけれど正社員に近い雇用のため、ある程度収入の安定も見込む事が出来ます。
最近では、パートの労働時間でも正社員として雇用してくれる企業も多くなってきています。
そのため産休や育休がないにも関わらず、長期のブランクがあっても戻って働きやすい環境と言えます。

既婚女性にとって、アルバイトで働くメリット

アルバイトとパートは、実は明確な違いはありません。
ただアルバイトは短期的や臨時雇用と考える企業もあり、パートよりも短期間の雇用の場合もあります。
雇用が短期間であるという点の裏を返せば、アルバイトはパートよりも短時間で働ける所が多く、ダブルワークには向いている雇用形態と言えます。
またパートと同様にスケジュールが比較的調整しやすい事から、家事や育児との両立もしやすい働き方です。
しかし産休等の制度はないので、一度辞めて再度また雇用してもらわなければならない場合がほとんどの様です。

専門職や業務委託・派遣など、その他の働き方のメリット

委託や派遣等、上記以外の働き方も多くあります。
しかしこの様な特殊な働き方の場合、何かしらの技術が必要となってきます。
薬剤師等の特別な資格やIT等の専門の技術があると、アルバイトや正社員でも社会復帰しやすく収入も高い事が多いですよね。
家事や育児と両立して働くと考えると、なるべく短時間で高収入を得たいものです。
そのためには、資格や技術を身に付けておく必要があり、産休中等に資格を取得して産後の社会復帰に備えるという方も多くいます。

また最近では、自宅で出来る在宅ワークも増えて来ています。
商品を検品したりする内職の仕事から、デザインやライティングの仕事など、その分野は多岐に渡ります。
技術が必要なお仕事も多い反面、誰でもすぐに始められる仕事も多い事が在宅ワークの特徴です。
また家事や育児の合間に出来、時間の調整が自由に出来るので主婦に人気となっています。
しかし専門の技術を持っていない限り、外に出て働くのと同等の収入を得るのは難しい働き方と言えます。

転職してすぐ妊娠は嫌われる?

bfc6152d9372c35fc407eafd650431e4_s

採用通知をもらったのにすぐ妊娠してしまったら、やはり企業は嫌な顔をするのでしょうか。

妊娠したら産休を取る事になる

確かに転職後すぐの妊娠で産休に入ると、社内の人間関係もしっかりと構築されておらず仕事にも慣れていなかったりする事が多く、企業としても困ってしまいます。
特に面接で「すぐにでも妊娠したい」という意向を伝えていなかった場合、企業側はその後の仕事のスケジュールを変更せざるを得ない事にもなりかねません。
働く側としても仕事を覚える前に産休に入ってしまうと、戻ってきた時にまた最初から覚え直さなくてはならなくなってしまいます。
転職してすぐにも妊娠を考えているのであれば、必ず面接の際にその旨を伝えておきましょう。
「それでも即戦力として採用したい!」と言ってくれる企業であれば、双方了承の上の妊娠なので何の問題もありません。しかし面接で妊娠の意向を伝えていなかったり想定外の妊娠の場合には、双方にデメリットしか産まない事になります。今後の仕事環境にも大きく影響してくる可能性が高いので、転職の際には妊娠も計画的に考えていくと良さそうです。
しかし、やむを得ず転職してすぐの妊娠という状況になった場合には、仕事に対する誠意を見せ責任を持ってできる事をこなしていく事が大切です。
またその姿勢を上司に伝えて、出来る限り理解を得られる様に努力していくと良さそうです。

入社後すぐ妊娠はやっぱり困る?実際の企業の声

・転職後すぐの妊娠は、おめでたい話ではあるが、手間と時間と採用費をかけ、戦力として採用した人がすぐにいなくなってしまうので、会社としては困った事態である
・転職したばかりの時期にたまたま妊娠してしまう場合もあるので、一概には言えないが、周囲から反発を受ける可能性がある(周囲の理解や配慮が必要)
・大企業であれば、一人抜けたとしても他にカバーできる人員の余裕があるが、中小企業では産休、育休中の社員の仕事を他の社員がカバーするのが難しい面がある
(中略)
法律的な視点から考えると、転職後すぐに妊娠し、出産したとしても企業は当然産休を認めななければいけません。
しかし、戦力として期待していた企業にとって、大きな打撃になるのもまた事実であり、企業側に良い印象を抱いてもらうのは難しくなります。
(参照元:https://tenshokuwalk.com/news/news201508_1.html)

 

結婚や妊娠で不利にならない転職をするためのポイント3つ!

d5c3ec8e084d99ce45c77307f84617aa_s

女性にとっては人生の一大イベントとなる結婚、妊娠・出産。
しかし仕事を続けたりキャリアを積む事も、大切な事ですよね。
そこで、結婚のタイミングで転職する際のポイントを3つにまとめてみました。

1.結婚や出産に理解のある会社を選ぶ

女性が活躍出来る場を作ろうとする傾向にある現代ですが、まだ女性にとって働きやすい環境が整っている企業は多くありません。
結婚や妊娠を考えている場合には、女性に対して理解がある企業を選んでいきましょう。
しかし、実際入社してみないと分からない部分も多いのも実情です。
企業としての考えを知るには、面接でこれからの自分のライフスケジュールを伝えてみる事が鍵となってきます。
結婚やいずれ妊娠の予定がある事を伝え採用に至らなかったのならば、その企業は理解の薄いと考えて良いでしょう。
面接では自分のこれからの人生計画を正直に伝える事が、自分に合った企業選びにも繋がってくるのです。

2.仕事は責任を持って、しっかりとこなしていく

就職が決まったら、家庭ばかりを優先せずに仕事も責任を持ってこなしていきましょう。
自分に任された仕事は、最後までしっかりとやり遂げていく姿勢が大切です。
また「どんな事があろうと残業は一切出来ない」「勤務時間外は仕事の電話は出ない」等で融通が全くきかない人よりは、多少の融通をきかせてくれる人の方が企業としても好印象を受けます。
仕事のために出来る限り尽力してくれる姿は、いずれ産休を取る時の企業の対応にも差が出てきます。
とは言え、仕事を何よりも優先する必要はありません。
柔軟な対応と最後まで責任を持って仕事をこなす事が、今後の仕事環境を不利にしないポイントなのです。

3.手に職になるような、資格や技術を身に付けておく

専門的な資格や技術は、仕事でも大変有利に働きます。
特に一度離職を余儀なくされる出産や育児のタイミングでは、万が一職を失ってしまったとしても転職活動期間も比較的短く抑えられます。

  • 医療事務
  • 簿記検定
  • 登録販売者

これらは在宅で勉強できる資格の中でも、女性に人気の高い資格と言われています。
資格があると即戦力として活躍出来る様になる他、産休明けも休職中ながらもスキルアップして職場に戻る事が出来るのです。
女性にとってはキャリアを積む事が一番難しい時期と言えますが、だからこそ少しでも有利に働ける様な資格を身に付けておくと良いかもしれません。

またデザインやネット関連等の技術があれば、在宅でも十分に収入を得ていく事が可能です。
自分の性格や生活環境に合わせた働き方が出来る様に、こうした強みを作っておくと不利になる事はないでしょう。

結婚のタイミングで転職した、先輩たちの体験談

37b644dc416df097bf4b58c4d0707de8_s

結婚や出産のタイミングで転職をした、先輩たちの声を聞いてみましょう。

結婚前に転職をした体験談

私は結婚の半年前に転職をしました。旦那となる人が私が勤めている会社のライバル会社の営業マンであったためです。
私も派遣とかでいいかなぁ とは思いました。でもね、正社員で働くとね、堂々と産休や育休がとれるんだよ!もちろんパートでもとれるところはあるけど。ボーナスあるし。
それに旦那様になる人の職場は一生安泰? もしものときに働き手が二人いるって安心じゃないですか?
(参照元:http://okwave.jp/qa/q6512809.html)

私は転職して4ヶ月の時に結婚しました。もともと結婚が決まっていた状態での転職でした。
有休の取れるようになる前に結婚したので、結婚式の打ち合わせは土日か夜にして、役所に取りにいかなければいけない書類関係は親に頼んで、結婚のための休みは1日もとりませんでした。
仕事も慣れていないし、結婚によって生活はがらりとかわるし、めまぐるしい時期ではありましたが、
結婚してから転職するとなるとやっぱり「子どもは?」と聞かれて不利になることが多いそうです。それを考えれば転職もすんなり決まったので、結婚前に転職しておいて良かったと思います。
(参照元:http://qanda.rakuten.ne.jp/qa1726999.html)

結婚後に転職をした体験談

私は結婚後、初めてまともに正社員として働きました(それまでは派遣で)。

やはり既婚者ですと「子供の予定は?」というのは聞かれることが多いようです。
私が以前住んでいたところも田舎で中小企業しかなかったのですが、面接時に子供の予定を聞かれました。
当時は働いてお金を貯めてから…という予定だったので「現在は特にありません」と答えました。(その後、その会社に採用されました)
(参照元:http://okwave.jp/qa/q1480445.html)

籍をいれたのは11月でそこから同居までの間仕事をしながら
転職活動をしていましたが、間違いなく新婚は倦厭されます。
ストレートにお子さんの予定は?とか直球で聞くところもたくさん
ありました。
しかし、同じくらいのスキルで独身の人がいたら、やっぱり独身を
採用されてしまいますねぇ。
結局採用してくれるところはありましたが、給与面が不満だったので
派遣をしております。
(参照元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218745997)

入社してすぐに妊娠した体験談

転職して3ヵ月後に妊娠がわかって、8ヵ月後には産休に入り、そのまま育休に突入しました。
会社には申し訳なかったですが、嫌味も言われず、良い会社でした。
(参照元:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/1207/280410.htm)

私も産休、育休制度の整った会社に転職したのが29歳。やはり
全くの異業種でした。1年の契約社員の後に正社員になり、1年
を過ぎた頃から避妊をやめたところ3ヶ月ほどで妊娠しました。
在籍3年、正社員2年間を終えた時点で産休に入ります。
私が努力したことは
1.少しでも早く仕事を覚え戦力となれるようスキルアップ。
業務に必要な資格取得など、朝は1時間早く来て勉強しました。
2.妊娠しやすい体づくり。適度な運動で冷えを解消、婦人検診
を定期的に受ける、基礎体温を計るなど、です。
幸い周りは祝福してくれますが迷惑をかけるのも事実です。
人員の補充はしないということなので、育休は2ヶ月ほど
頂いて、下期の業務開始には復帰する予定でいます。
(参照元:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/1207/280410.htm)

産後に転職をした体験談

子持ちでも正社員として採用された友人が何人かいます。
共通しているのは、いざというとき頼める人がそばにいるかどうか、みたいですよ。
近くにおじいちゃんおばあちゃんがいて、子供が急に具合が悪くなってもそちらに頼めるから仕事上迷惑は掛けません。みたいな体制になっていると採用されやすいみたいです。
でも、実際は、子供の用事でちょくちょく有給取ったりしていますけどね。
(参照元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1423030469)

私は出産後長い事派遣社員で居ましたが、30代後半で正社員の仕事(経理事務)に転職出来ましたよ。
運が良かったのもありますが、資格と経験が生かせたのもあるし、既婚女性の多い職場(介護関係)を選んだことも採用され易かったポイントじゃないかと思います。
(参照元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1423030469)

転職しても勝ち組でいよう!

結婚・妊娠・出産は、女性にとっては人生においてとても大きな節目に当たります。
このタイミングで転職を考える女性は多いですが、大きく環境が変わる時期ですので転職もなかなか難しくなる場合が多くあります。
転職しても不利にならないために、まず自分の今後の人生スケジュールをしっかりと決めておきましょう。
今後のためにはどんな働き方が良いのか、いつ転職をしたら良いのかをしっかりと見極めていく事が重要です。
そして女性に理解のある企業を見つけて、勝ち組の女性を目指していきましょう。

「会費婚」がよく分かる特別資料冊子をご用意いたしました!
1. 「会費婚ってどういうサービス?」「会費婚と一般的な結婚式って何が違うの?」がよくわかるサービスガイド。
2. 会費婚でご提案できる会場(一流ホテル/有名レストラン/おしゃれなゲストハウス)がひと目で分かる会場紹介。
3. 会費婚で実際にパーティーを開催された方の声が集まったプランガイド。
の3冊セットです!
ぜひこれからのご準備にお役立てください!

rara 犬やウサギ、爬虫類と1歳の息子がいる大家族のママライターです(*^^)v