親族だけの結婚式はメリットがいっぱい!段取りもシンプルで費用も節約できる!

会費婚

昔は、友人や勤め先の関係者、親戚、家族などたくさんのゲストを招いて大きな会場で派手な結婚式・披露宴を挙げるのが一般的でした。、一方、最近では、招待するのは親族だけというシンプルな親族のみの結婚式を挙げられる方も増えてきているのです!「家族婚」や「少人数ウェディング」というプランが式場で用意されていることも。
「親族だけで挙げる結婚式って寂しくないの?」と思う方もいるかもしれません。実は、親族だけの結婚式は、段取りがシンプルであったり、費用が節約できたりするなどメリットがたくさんあるのです!
ここでは、親族のみの結婚式のメリットと段取りを詳しく紹介します!
たくさんのゲストをお招きしての結婚式・披露宴もいいけれど、アットホームな親族のみの結婚式もいいかも・・・と思っていらっしゃる方は、ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。

1. 親族のみの結婚式のメリットとは?

親族のみの少人数でシンプルな結婚式を挙げるのは、招待客をたくさんお招きする結婚式とどう違うのか気になる方のために、親族のみの結婚式のメリットをいくつかご紹介しすね。

1-1 親族のみの少人数結婚式ならコストを抑えることができる

一般的なたくさんの人をお招きしての結婚式・披露宴にかかる費用平均350万円ほどかかることが多いです。
一方で親族のみの結婚式の場合は、ホテル結婚式プラス親族のみの披露宴をした場合であれば、80万円から120万円あたりに費用を抑えることができます。
さらに、親族のみが参列する挙式のみで済ませた場合は、なんと10万円以内に費用を抑えることができることもあるのです。
結婚式の費用を安く抑えられれば、その後の新生活や新婚旅行に予算をあてることができる点も、親族のみの少人数結婚式のメリットといえるでしょう。

1-2 温かみのあるアットホームな結婚式になる

会社関係者や友人、知人などたくさんの人をお招きしての華やかな結婚式も良いのですが、新郎新婦の親族のみが参列する結婚式は、大人数の結婚式よりも、リラックスできる、温かくてアットホームな結婚式になります。
挙式だけでなく、レストランなどでお披露目と両家の親族顔合わせを兼ねた食事会を行うのが少人数挙式では一般的なようです。

1-3 あがり症の方が気になるセレモニー感が減少する

人前に出てることに慣れている方や、人前でもあまりあがらない人は、たくさんの人を招いての華やかな結婚式・披露宴でおもてなしすることも大丈夫。人前が得意でない方は結婚式自体をやるかどうか悩んだりすることもあるのでは?あがり症の方の場合はたくさんのゲストをお呼びしておもてなしする事に、緊張して喜びが半減する可能性があります。
ですが、親族のみの少人数の結婚式であれば、小さなときからご自身や結婚相手のことをよく知っている方ばかりです。、のびのびと結婚式を挙げることができるでしょう。

1-4 準備期間が少なくて済む

一般的に80名程度のゲストお招きしての結婚式・披露宴の準備は平均10か月も準備期間を要します。
ですが、親族のみの結婚式の場合は、大人数挙式比較すると準備期間が少なくて済むようです。
親族のみをお招きした結婚式のみでしたらなんと準備期間7日ほどで挙式できてしまったという一例もあるようです。もちろんこれはスムーズに会場のプランナーさんとの連携やお互いの努力あっての最短例なので、一般的ではありません。
準備期間をあまりとることができないカップルにとってはうれしいメリットですよね。

会費婚

2. 親族のみの少人数結婚式はどのように進行するの?

親族だけの少人数結婚式の段取りは、たくさんの人を招いての華やかな結婚式よりシンプルな段取りで済むところがメリットであり魅力でもあります。
そんな親族のみで行う結婚式は、どのような段取りで進行するものなのか解説していきますね。

2-1 親族のみの結婚式の場合受け付けはどうするの?

親族のみの結婚式の場合は、特に受け付けは設けません。
ホテルなどで、結婚式プラス披露宴を兼ねた食事会を行う場合は、進行および司会者はホテルの担当者の方が行ってくれます。
担当の方にはお礼としてお心づけをしておくことをおすすめします。

2-2 親族のみの結婚式の流れとは?

ホテルで挙式、披露宴を兼ねた食事会を行った場合の流れですが、まず、新郎、新婦ともに衣装を着用し、式場で親族が見守る中挙式します。
そのあと、お色直しをしてホテルのレストランで披露宴を兼ねた食事会を行います。
親族の代表や新郎新婦の挨拶があるくらいで特に余興などはなく、新郎新婦の両親への花束贈呈が最後に行われたら披露宴を兼ねた食事会は終了です。
結婚式や披露宴を兼ねた食事会は親族のみのアットホームな雰囲気で終始することがおおいでしょう。
はじめての晴れの日の舞台でもリラックスして式や披露宴に臨めるはずですよ。

2-3 親族のみの結婚式を行う人の割合は?

招待客が30人前後の少人数の親族のみの結婚式を挙げられる方の割合は、全国で14.3%ぐらいとなっています。
一般的とされる招待客が80人~90人程度の場合が全国で15.3%ですから親族のみの少人数結婚式を挙げられる方の割合も意外と多いということに気が付くと思います。
ですから、多くの人を招いて結婚式・披露宴をおこなうのが一般的ではないのだろうか?と心配する必要はありません。いまは二人らしい結婚式やおもてなしの仕方にこだわる方が多いようです。

会費婚

親族に囲まれたアットホームな結婚式も魅力的!

いかがでしたでしょうか?今までご紹介してきたことを踏まえ、親族のみの少人数結婚式が向いている方のイメージをまとます。

・温かみのあるアットホームな結婚式にしたい方
・より費用を抑えたい方
・結婚式の準備にあまり期間を掛けることができない方
・派手な挙式はしたくないという方
・人前にでることが苦手な方

そして何よりも、一般的な結婚式をあきらめた方。挙式をしないと思っている方。そんなカップルには、アットホームな少人数結婚式を選択肢のひとつと考えてみてはいかがでしょうか?
一生に一度の晴れの日。カップルの数だけ違うスタイルを叶えてくれる式場は、きっとあります

miwa マーケティング担当 株式会社アールキューブの会費婚チームでマーケティングを担当しています。結婚式について、勉強の日々です。
【会費婚note】に「いいね♡」する