印象に残るウェルカムボードが作りたい!個性派夫婦におすすめのアイデア集

印象に残るウェルカムボードが作りたい!個性派夫婦におすすめのアイデア集 | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

結婚式のウェルカムボードを手作りしたり、特注でオーダーするカップルは多いもの。実は意外とゲストたちもウェルカムボードを楽しみにしていたり、注目しているようです。

ここでは、ちょっと人とは違うウェルカムボードを作りたいカップルに向けて、アイデアをご提供します。素敵な結婚式の始まりを飾るウェルカムボードのヒントにしてみてください。

wedding-1008413_640

手作りウェルカムボードで個性を発揮しよう

ウェルカムボードは、結婚式披露宴の際の受付横に設置されていることが多いです。また他にも、ゲストハウスウエディングやレストランウェディングでは、お店や門の入口部分に設置されていたりします。

結婚式当日、まずゲストが目にするウェルカムボードは、費用面でも、個性を発揮したいという面でも、手作りがおすすめです。普段はなかなかクラフトをしないという夫婦にもおすすめできますので、ぜひ、参考にして検討してみてください。

手作りするなら、素材選びからこだわってみて

ウェルカムボードは、ボード上になっていて、目につきやすいところに飾ることができるという以外、特にこれと言った決まりはありません。“ウェルカム”とつくので、大抵の場合“Welcome”の文字を入れるカップルが多いですが、仕様や作法、定義などはかなり曖昧になっています。

そのため、ウェルカムボードを手作りするのであれば、一般的な紙やコルクボードなどの素材ではなく、変わった素材を使うのがおすすめです。ボード部分の素材を工夫することだけでも、充分に個性を発揮できます。

板状のものと突然言われても…と思うかも知れませんが、例えば木板、鏡、タイルなど、探すと出てくるものも多いでしょう。また、ボードをベースにして布を貼るなどしても、質感が違って個性を表現できると思います。

未完成のウェルカムボードも人気?

ウェルカムボードは、「結婚式へようこそ!」と告げるだけの役割と思っている人も多いでしょう。ですが、ゲストが参列することで完成していく、参加型のウェルカムボードも人気です。

インスタント写真を貼り付けてハート型にしていく

その場で撮影して写真にできるインスタント写真。フィルムは少し高いですが、その手軽さから近年、インスタント写真も人気となっています。受付後、その場でゲストを撮影して、ウェルカムボードにペタペタと貼っていく。すると、最後にはハート型が表れてくるという面白い仕掛けのあるウェルカムボードも。

photography-595477_640

結婚式披露宴後は、ゲストを送り出す際に、ウェルカムボードを再び飾り、みんなで写真を見れるように掲示。結婚式が2人のものだけではなく、ゲストも含めたみんなのものになったように感じられるので、アットホーム感が高まります。

メッセージカードを貼り付けていく

中には、メッセージカードをウェルカムボードに貼り付けるという仕掛けを選んだカップルも。カードは後からカップル2人で見たり、家族で見たりと、結婚式後の楽しみにもなったそう。結婚式では、なかなか新郎新婦とゲストとの交流の時間が持てないため、こういった仕掛けでコミュニケーションを取るのもありかもしれませんね。

素材にこだわったウェルカムボード実例集

ここからは、特に素材にこだわったウェルカムボードの実例集をご紹介していきます。どのように作っていくのかの方法をご紹介しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

鏡に文字や模様を描く

板状のものとしておすすめしたいのが鏡です。大きなものは用意しづらいかもしれませんが、キラキラとして目立つので、ウェルカムボードにはとてもおすすめの素材といってもいいでしょう。

鏡をベースにして、その上に文字を書いたり、ラインストーンなどの装飾を施せば、立派なウェルカムボードになります。パールなどを使って文字を書いていったりすると、クオリティも高く見え、手作りしたとは思えないような仕上がりに。見栄えの良さに比べると、比較的簡単に、リーズナブルに作れるのがオススメです。

和紙や千代紙など、和の材料で作る

ウェルカムボードに紙を使うなら、和紙や千代紙など、日本ならではの素材をチョイスしてもいいでしょう。特に、結婚式を和装で行なったり、チャペルではなく神前式などを行う場合は、和のテイストが詰まったウェルカムボードはおすすめです。比較的手に入りやすく、リーズナブルに済ませられるのもいいですね。

箱をベースにして作る

ウェルカムボードだからといって、板にこだわる必要はありません。中には、箱を使ってボックスアート風のウェルカムボードを作るカップルもいます。ボックスアートは、絵を描くように箱の中にレリーフを作ったり、物を飾ったりするアートのこと。

通常のボードの状態では2次元ですが、ボックスアートなら3次元で立体的なウェルカムボードが作れます。実際に窓を開けたようなデザインにしたり、お家に招き入れるような空間を作ったりと、温かみが伝わる個性のあるウェルカムボードになるでしょう。

思い出写真でモザイク画を作る

ウェルカムボードには、よく新郎新婦2人の顔が描かれているケースがありますよね。中には、思い出写真を一枚一枚パズルのピースのように重ね、モザイク画で2人の肖像を描いたというカップルも。2人の思い出を振り返りながら製作できますが、多少根気のいる作業だといえるでしょう。

また、たくさんの写真をプリントアウトして、モザイク画ように調整したりするのは経験がなければ難しいかもしれません。

キルティングや刺繍など、布を使って作る

木枠などに布を貼ったりして、それをウェルカムボードの土台として使うのもおすすめです。キルティングをして文字を書いたり、刺繍をして絵を描いたりすれば、世界に一つだけの温かみのあるウェルカムボードになるでしょう。

hands-675899_640

裁縫や手芸が得意でないと難しいかもしれませんが、針を使うのが難しいのであれば、布を切り貼りして布絵のようにしてもいいでしょう。フェルトの中にはシール付きの手芸用品もあるので、ハサミで切っていき、貼り付けるだけで布の温かみが伝わるウェルカムボードになります。

食べ物で作る

ウェルカムボードを作る時には、食べ物を使用して作るケースもあります。食べ物を利用する場合は、パスタやパンなどを使うことが多いようです。パスタなどは粒パスタやショートパスタなどを使い、一つ一つ並べて画や文字を描いていきます。

パンを使うケースでは、中では自分でパン生地をこね、焼き、ウェルカムボードにしたというカップルも。たまにインテリアにバゲットやプレッチェルなどを飾る人もいますが、ハードパンなどは日持ちもしますし、クッキーなどのように崩れたり壊れたりしない堅牢性がありますよね。そのため、ウェルカムボードをパンで作る人もいるようです。

また、繊細なウェルカムボードの中には、クッキーを焼き、その上にアイシングを施してウェルカムボードにしたというカップルも。アイシングクッキーだと崩れてしまったら一貫の終わりですが、繊細でメルヘンなムードが作れるので、女性には人気なようです。

レゴブロックなどのおもちゃで作る

ウェルカムボードをおもちゃのブロックで作るカップルも多いようです。レゴは熱狂的なファンも多いですし、大人になっても好きな人は好きですよね。ちょうど、ベースとなるボード上のブロックもありますし、好きに積み重ねられるので、ウェルカムボードには適した素材かもしれません。

また、プラレールを床に置いて、ぐるぐると列車が回る中に“ウェウカム”などの文字を配置したカップルも。床のプラレレールがウェルカムボード代わりとは、かなりユニークなカップルですね。

2人の個性が全面に!手形アートのウェルカムボード

ここまで、いろんな素材を使ったウェルカムボードを見てきましたが、ウェルカムボードの実例を見ていると、意外と手形を使ったウェルカムボードが多いことに気づきます。

holding-hands-1149411_640

手形のウェルカムボード、なぜ人気?

手形というと、子供の頃に誕生日などに押したことがあるという人も多いのではないでしょうか。大人になるとあまりそんな機会はありませんが、「記念」という意味合いでは「手形」をイメージする人が多いのかもしれません。温かみもあり、なんとなくアットホーム感がありますよね。

また、自分の手形は世界で一つだけ、同じものはありません。そのため「2人だけの結婚式ですよ」という意味を強めるために、2人の手形を使うのかもしれません。

手形を他のモノに見立てる手形アートのウェルカムボード

定番の手形のウェルカムボードは、2人の手形を押して、それぞれの名前を入れ、簡単に装飾を施したものが定番となります。かなりシンプルですが、そのかわり面白みにかけてしまうのが欠点です。

そのため中には、手形を花に見立てたり、動物に見立てたりして、絵を描くカップルも多くいます。手の指の部分を羽に見立てて同じ絵の具で少し描き足し、白鳥などを描いたカップルもいました。

こうなると、ただ絵を描くよりも味があり、より特別感のあるウェルカムボードが完成するかもしれませんね。

簡単さ、リーズナブルさも人気の秘密

上記のように、手形を「手」としてではなく、他のものに見立てたりして作りあげていくウェルカムボードは、画が苦手な人でもある程度構成しやすく、取り組みやすいという点で人気があるのかもしれません。

二人の手形を片手ずつ紙に押せば、それだけで我慢の大半は埋まりますよね。温かみがあり、オリジナリティもあり、画面構成がしやすいという点で、手形のウェルカムボードが人気なのでしょう。

手形を押して、その周辺を飾るだけなので簡単ですし、難しさはありません。材料費も押さえられますので、リーズナブルなことも人気の秘密と言えます。

リーズナブルに作りたいカップルにおすすめのアイデア

もし、リーズナブルさを重視してウェルカムボードを作りたいなら、100円ショップを活用したウェルカムボード作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。リーズナブルさを優先したい人のために、100円ショップで売っているもので、利用できるものを紹介していきます。

黒板、ホワイトボード、コルクボード

100円ショップには、板状のものがたくさんありますね。黒板やホワイトボード、コルクボードなどは、ホームセンターなどで買えば1000円以上するケースもありますが、100円ショップであればリーズナブルに揃えられます。ウェルカムボードのベースとして重宝するでしょう。

レースなどの手芸用具

最近の100円ショップは、手芸用具が充実していますよね。特にレースやニット類、モールなどの装飾品はたくさんあって、ウェルカムボードをちょっと飾りたいというときにも役に立ちます。少量から揃えることができるので、たくさんの材料が余る心配もなくリーズナブルなので、色んなパーツを試してみることもできますね。

grinding-693596_640

造花

ボードを用意したら、そのウェルカムボードに装飾をします。100円ショップには造花がたくさんあるので、これを活用しないわけにはいきません。お店によっては、季節によって造花の種類を変えていたりもするので、季節感を演出したい場合にもおすすめです。

前述の鏡を使ったウェルカムボードの鏡は、100円ショップで調達することもできます。少し歪みが気になる人もいるかも知れませんが、ウェルカムボードの材料にするくらいはまったく影響がありません。

ガラス絵の具

100円ショップには「ガラス絵の具」というステンドグラス風に絵を描くことができる絵の具があります。透明なアクリル板などを用意してそこにガラス絵の具で描けば、立派なステンドグラス風の絵画に!印象的なウェルカムボードになること間違いありません。

こちらも、鏡の上などに描けば、それだけでも神秘的なムードのあるクオリティの高いウェルカムボードになりますよ。

ウェルカムボードは、新郎新婦がゲストをおもてなしするアイテムでもあります。できればゲストが見て喜ぶようなものを作ると、「この結婚式に来てよかったな」と思ってもらえるかもしれません。

2人で協力してウェルカムボードを作れば、それが最初の共同作業となる場合も。なかなか大変かもしれませんが、いい結婚式にするためにも、心のこもったウェルカムボードを作ってみてはいかがでしょうか。

杉浦優子/CORi products 神奈川県鎌倉市在住。WEBコンテンツを中心にフリーランスとして活動。少しでもお役にたてる情報を発信できればと思います。
 【会費婚note】に「いいね♡」する