結婚式お呼ばれ衣装は20代のままじゃダメ!30代のワンピースコーデのヒント

結婚式お呼ばれ衣装は20代のままじゃダメ!30代のワンピースコーデのヒント | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

30代の大人の女性のみなさん。もしかして、20代に着ていたワンピースで結婚式に出席していませんか?「サイズが変わらないのよ」と、自慢している場合ではありません!もしかしたら、結婚式で浮いていたり、「あの人若作りよね」なんて陰口を言われたりしているかもしれません。30代には30代の、魅力的なワンピースの着こなしがあることを知っていきましょう。

person-731141_640

結婚式のお呼ばれ衣装は年齢に合ったものがベスト

もし、あなたが20代の衣装のままで結婚式に出席しているなら、少し周りから白い目で見られているかもしれません。大人の女性は大人の女性なりの着こなしがあること、忘れていませんか?

ここではまず、なぜ20代の衣装のままではいけないのかについて触れていきたいと思います。

衣装が20代のまま…「若作り」感がにじみ出る!?

20代の頃の衣装は、30代らしい大人の女性の衣装でしょうか?可愛いから、似合うからと言って着続けるのは危険です。

なぜなら、30代の女性が20代の衣装のまま出席してしまうと、「若作り」と思われるケースもあるから。どんなに若々しい人でも、衣装で若さを表現するのはよくありません。

20代の女性と30代の自分、どちらが着た方がよりいいのかを考えて、「20代の子に譲った方がいいかな」と思えるものは、結婚式では着ないほうがいいでしょう。

昔の自分にすがるよりも、今ある自分の魅力を引き出すためのより良い服装を選ぶことが、30代の女性には必要なのです。

手抜き?だらしない?赤っ恥をかくケースも

何年も前に買った衣装。どんなに管理していても、劣化して少し野暮ったく見えてしまうのは避けられません。

どんなに高い服であっても、古くなった服では締りがなく、だらしがない、きちんとしていないという印象を与えてしまう可能性も。そのような服装では、自分だけでなく、招待してくれた新郎新婦の顔にも泥を塗ることになります。

bow-1137007_640

どんなに気に入っていても洋服は古くなってしまうもの。毛羽立ちが目立つ、ヨレヨレしている、購入時とは姿が変わってしまったなと思う服への未練は、綺麗さっぱり捨て去ることが大切です。

テイスト別・30代女性のワンピースコーデのヒント

30代の女性へとアップデートしたいという女性のために、ここでは、可愛い、エレガント、クールの3つのテイストに合わせてコーディネートのヒントをご紹介します。

大人の着こなしは普段のおしゃれ着やお呼ばれの衣装の時にも使えるテクニックですので、ぜひ、この機会に覚えておきましょう。

大人だって可愛いが好き!キュート系ドレスの着こなし方

可愛い系は20代に譲らなきゃダメかな…と思っている女性もいるかもしれませんが、30代には30代の可愛らしさの表現の仕方があります。以下の点を踏まえれば、「残念な30代」とは言われませんので、ぜひ、心得ておきましょう。

ディティールに可愛らしさを求めよう

30代の場合、全身可愛いで押すのは「痛い」と思われる可能性もあります。30代でキュート系のワンピースを着こなすなら、ディティールに可愛らしさのあるワンピースを選んでみて。過度な可愛らしさを排除して「よくよく見ると可愛らしい」デザインを選ぶのがおすすめです。

渋めの色と可愛らしいフリル

パステル調などの衣装は可愛らしさをアピールできる色です。でも、この色にフリルやリボンなどの可愛いを代表するデザインが合わさってしまうと、30代にはちょっとくどさを感じるコーディネートになってしまうかも…。

フリルなどのデザインが好きなら、ちょっと渋めの色や落ち着いた色を選んで、大人の可愛いを表現してみてください。

可愛らしい色にはクールな色を合わせて

可愛い色味を使いたいなら、合わせる小物などにクールな色を合わせてみてください。ピンクなどのワンピースを着たいのであれば、ショールをグレーやベージュにしたり、パーティーバッグを落ち着いたゴールドにするなど、少しシャープさを意識しましょう。

ピンクのワンピースなどにラブリーさのあるパールやリボンが使われた小物を選んでしまうと、「若作り」と言われかねませんので注意しましょう。

キュートなワンピースにはカチッとしたジャケットを

もし、キュートさいっぱいのワンピースを着るのであれば、フォーマルさのあるカチッとしたジャケットを合わせてみてください。フリルやレースなどのワンピースは可愛いのですが、さらにふわふわしたショールやボレロなどを合わせるのは危険です。

甘さにはスパイシーなテイストを入れるのが、大人ワンピースのコーデを成功させる秘訣。パステル調のワンピースなら思い切って黒のジャケットでもいいですし、渋めの色のジャケットを選んでもいいです。

特に、肩のラインがカチッと見えるシルエットの物を選ぶとうまくいきます。

wedding-1571422_640

きちんと感たっぷり!大人のエレガントさを引き出すコツ

フォーマルさを意識した衣装は、ぐっと大人のエレガントなムードが出せます。「可愛い系は卒業かな?」と思っている女性は、エレガントな雰囲気のワンピースを選びましょう。

ワンピースなら、スカートの丈が長めなもの、ボリュームが控えめなスカートなどを選ぶと、大人っぽさが演出できますよ。

露出ではなく、シルエットで女性らしさを

女性らしさというと、「露出しよう」と考える人が多いかもしれません。でも、ある程度の年齢になったら露出で女性らしさをアピールするのはナンセンスです。

あえて露出を控えて、ウエストやヒップのラインを強調するワンピースを選んだほうが、ぐっと大人っぽさが表現できます。

もともと、結婚式では露出を控えた衣装が適しているといわれます。そのため、ノースリーブなどのワンピースには露出を控えるためにショールやボレロなどを合わせるのが定番ですよね。

でも、大人の女性なら潔く七分袖や長袖の腕のラインが出るワンピースを選ぶのもおすすめ。

腕のシルエットがより大人っぽさを引き出すポイントになりますので、ぜひ、30代の女性には袖のあるワンピースを選んでみてください。

ボリュームよりドレープの綺麗さを重視して

ボリュームのあるスカートはふわふわして女性らしいと考える人も多いでしょう。でも、よりエレガントに決めるなら、ボリュームよりもドレープの美しいワンピースを着てみてください。

ドレープにこだわったワンピースは、一枚着るだけでもエレガントな女性らしさを表現してくれます。ふわふわしたボリュームのあるものよりも、落ち着いた大人らしさが表現できるのでおすすめです。

ダークトーンを上手に合わせて

少し上級のテクニックになりますが、エレガントな大人らしさを追求するならダークトーンを合わせたコーディネートを選んでみましょう。全体が黒っぽいと結婚式には不釣り合いな衣装となりますので、その点だけ注意してくださいね。

サテン生地などのワンピースであれば、ダークトーンでもゴージャスさが表現でき、パーティールックにもおすすめ。明るめの色にも黒、グレー、モスグリーンやワインレッドなどの渋めなダークトーンを合わせれば、ぐっと大人の女性らしさが表現できます。

大人っぽさ満点のクールなワンピース

クールさを演出したい大人の女性は、「地味」になってしまいがち…。大人っぽいクールさを出すなら、素材にこだわって選んでみるとコーディネートがうまくいきます。

サテンなどのツヤのある素材を選んで

クールさをアピールしたいなら、シンプルなデザインがおすすめです。そこで注意したいのが、ワンピースに使われている素材。できるだけサテンなどのツヤ感のある素材を選んで、クールさの中にも華やかさを表現してみましょう。

シャープなドレスにもドレープなどで柔らかさを

クールでシャープなラインのワンピースを選ぶと、どうしてもパーティーの華やかさが失われがち。サテン生地などを選ぶことも大切ですが、どこかにドレープなどの柔らかいシルエットがプラスされたワンピースを選ぶのがおすすめです。

例えば、肩の部分やスカートの裾部分にだけドレープがあしらわれていたり、波のようなカッティングラインがはいっているものを選べば、クールさの中にも女性らしさがアピールできます。

ブルーなどのクールなカラーでも、ペプラムワンピースなどを選べば、大人の女性らしさが表現できるでしょう。

カーキやイエロー、ブルーなど、はっきりとした色を選んで

クールさをアピールしたいなら、ブルーなどの寒色、グレイッシュなカラーが大人っぽいカーキ、なかなか普段の服装では選ぶことのないイエローなどがシャープな印象を与えてくれます。

はっきりとした色のドレスは、それだけでインパクトがありますよね。そんな強い印象が女性のクールさを引き出してくれますので、ぜひ、チャレンジしてみてください。

普段はベージュやパステル調のやさしい印象の色を選びがちだという方は、ぜひ、はっきりした色味のワンピースで決めてみましょう。

女性らしいラインでセクシーさをプラスして

クールなワンピースを選ぶなら、セクシーなラインを意識してみましょう。30代の女性なら、胸やウエスト、ヒップ、脚のラインが綺麗に出るワンピースを選んでみて。

普段はAラインなどの緩やかなワンピースを着ている人も、ボディラインがはっきりしたワンピースを選べば一気にクールな大人の印象に。露出度の高いものではなく、ラインが綺麗に出るワンランク上のワンピースを選ぶことが大切です。

30代からの結婚式ワンピースの選び方

さて、テイスト別にコーディネートのヒントをご紹介してきましたが、ここからはワンピースの選び方のコツをご紹介していきます。このポイントを合わせれば、若作りに見えることも防止できますので、ぜひ、押さえておいてくださいね。

dress-864107_640

スカート丈は膝下でもOK!若作りの防止に効果的

ミニ丈のワンピースは、そもそも結婚式ではあまりおすすめできません。露出が多いと感じさせてしまい、不釣り合いのです。30代でワンピースを選ぶなら、短くても膝上5センチ程度のものがおすすめ。スカート丈は膝下でも全く問題ありません。

胸元の露出はあえて抑えるが◎

30代のワンピースを選ぶなら、胸元は控えめにした方がぐっと大人っぽくなります。スタンドカラーのものや、ハイネックのものなど、あえて露出を控えましょう。ネックレスなどを大きめなものにしたり、印象的なものにすれば、胸元が空いていなくても十分に華やかさを演出できます。

季節に合わせた着こなしが大人には必須

30代の女性は季節に合わせた着こなしも押さえておきましょう。夏には少しシースルーを意識した衣装でもいいですし、冬にはベロア素材などのシックな素材を選んでもいいですね。この選択を誤ってしまうと、季節がちぐはぐになってしまいます。大人の女性は基本的なことをしっかりと押さえることが大切です。

どのテイストにも上品さがなければNG

大人の女性のワンピースは、上品さがマストです。露出が多ければ女性らしいと思う方もいるかもしれませんが、品がないと思われる可能性も。少し物足りないと思っても、上品さを優先させるのが一番のポイントです。

おしゃれよりもフォーマルさを優先して

上品さにも通じることですが、結婚式はフォーマルさがなければいけません。どんなに華やかでも、カジュアルさを感じてしまえば、大人の女性とはいえません。20代のうちは許されるコーディネートでも、30代は常識を押さえたファッションが基本ですので、忘れないようにしましょう。

30代の悩みをカバーしてくれるワンピースを選んで

20代よりはお姉さんである30代。どうしても体型が気になる、老けて見えるという悩みを持つ人が増えてきます。ここでは、そんな悩みをクリアにしてくれるドレスの選び方をご紹介します。

ハイウエストなど、あえて女性らしいラインを選ぶ

お腹周りがゆったりなど、「体型隠し」が露骨なワンピースは避けましょう!どうしてもお腹まわりが気になるのであれば、ハイウエストのワンピースなどを選びましょう。下っ腹の膨らみなどはカバーでき、より細い部分をより強調できるので、女性らしいラインを表現できます。

ワンピースに黒をチョイスすると老けて見える!?

ワンピースはできれば色物を選び、ボレロやパーティーバッグなどに黒を入れるなど、黒の面積を抑える方が無難といえます。全体が黒っぽくなると、逆に老け感が出てしまうので注意してください。

ネックレスが映えるワンピースを選んで

華やかさのある素敵なネックレスを選び、そのネックレスが映えるようなワンピースを選ぶと大人っぽい落ち着いた華やかさのあるコーディネートができます。

ワンピースのデザインだけで衣装を選んでしまいがちですが、結婚式の当日はトータルコーディネートが大切になります。ネックレスはマストなアクセサリーなので、アクセサリーからワンピースを選んでみても面白いですよ。

パーソナルカラーで肌が綺麗に見える色を選んで

肌がくすんで見える…そんな悩みを持つ30代の方も多いでしょう。そこで参考にしたいのがパーソナルカラーです。ここでは、自分の肌に合った色を知り、ワンピースの色選びの参考にしていただきたいと思います。

普段使っているファンデーションの色味は?

イエロー系のファンデーション(イエローオークル、オークル、ベージュ)を使っている方は、イエローベースの肌の人ということができます。一方で、ピンクオークルなどのピンク系のファンデーションを使っている方は、ブルーベースの肌色ということができます。

cri_img_6053_tp_v

ファンデーションの色味が分からない人は、自分の肌が黄色みがかっているか、赤みがかっているかでも判断できます。黄色みが強ければイエローベース、赤みが強ければブルーベースと覚えておきましょう。

イエローベースの肌の人には…

イエローベースの肌の方は、暖色系の色が似合います。ただし、黄色みが強い色は肌がくすんで見えるため、オレンジなどは避けたほうがいいケースも。必ず試着して、肌がくすんで見えないかをチェックしてください。イエローベースの方は、やさしい印象のクリーム色がおすすめ。淡いピンクなども似合うでしょう。

ブルーベースの肌の人には…

ブルーベースの肌の方には、寒色系のカラーが似合います。ブルーや緑などの色を選ぶと、肌の美しさが強調されるでしょう。ピンクのワンピースでも、青紫がかっているものなどを選ぶとコーディネートがうまくいきます。

30代の女性の場合、ファッションの着こなしだって大人に成長していなければいけません。20代の場合はその未熟さで周りも優しい目で見てくれますが、「大人ならきちんとしなきゃ」と厳しい視線を浴びせる人もいます。大切な人の結婚式で恥をかくわけにはいけませんよね。30代に入ったら結婚式の衣装もアップデートして、20代の素敵なお手本を目指しましょう。

「会費婚」から結婚式準備のための完全ガイドご用意いたしました!
結婚式準備から当日、終了後まで、時系列でわかりやすい一冊のガイドになっています。
どのタイミングでどんな準備するのか、より楽しみながらイメージを膨らませることがでいます。
ぜひこれからのご準備にお役立てください!

杉浦優子/CORi products 神奈川県鎌倉市在住。WEBコンテンツを中心にフリーランスとして活動。少しでもお役にたてる情報を発信できればと思います。
【会費婚note】に「いいね♡」する