会費制結婚式は東京でもOK!そのメリット・デメリットとは!

まだまだご祝儀制が主流となっている関東では、会費制という言葉に違和感を覚える方も多い事でしょう。
しかし会費制結婚式はメリットもたくさんあり、魅力が一杯詰まった挙式スタイルです。
東京ではまだ先駆け的なイメージもある「会費制結婚式」のメリット・デメリットをご紹介します!

会費制結婚式ってどんなもの?

1

元々関東では、結婚式と言えば「ご祝儀制」で執り行われてきました。
それぞれのゲストが「ご祝儀」を手に結婚式へと参加するこのスタイルは、ゲストへのおもてなしが詰まった内容となるケースが多いですね。
ご祝儀の金額は3万円~10万円が相場と高めの設定となりますので、余興アリ、引き出物アリ、料理も着席フルコースが基本です。
それに対して会費制結婚式は、元々北海道地方で古くから行われてきたとされています。
ご祝儀の代わりに会費を持ち寄って結婚式に参加するこのスタイルは、「1.5次会」とも呼ばれます。
これはご祝儀制の披露宴と二次会の中間の様な、少しカジュアルな結婚披露宴といったところになります。
会費はご祝儀制よりも断然安い場合がほとんどで、その分引き出物がなかったりするのが特徴です。

最近では結婚式を挙げない新郎新婦も多いと言いますが、こうした「昔ながらの結婚式」の型にはまらない会費制結婚式なら気軽に行えそうですよね。
また新郎新婦が自己負担する金額も一般的にご祝儀制の結婚式より少なくて済みますので、こうした点も会費制結婚式が人気となってきている要因と言えそうです。

会費制結婚式のメリット・デメリット

2

では、会費制結婚式のメリットはどこにあるでしょうか。
それはズバリ、この3点にあります!

1.ゲストの金額負担が少ない
2.新郎新婦の自己負担も少ない
3.自由なパーティーが可能

何よりも、ゲストも新郎新婦も金銭面での負担が少ない事が一番のメリットと言えます。
人生の一大イベントである結婚式では、100~200万はかかるのが一般的なご祝儀制結婚式。
しかし、なかなかそんな大金を貯めるのは難しいものです。
そんな時でも結婚式を挙げやすいのが、会費制結婚式です。
また習慣に乗っ取った「THE・披露宴」というものである必要がないため、パーティー内容もある程度自由に決める事ができます。
これにより「堅苦しくない結婚式がしたい!」という新郎新婦からも、人気を集めているのです。

逆にデメリットと考えられるのは、年配の方を中心に会費制結婚式がまだ馴染みが薄い事です。
特にご祝儀制の習慣が色濃く残る東京では、「会費制」を受け入れられない方もいる様です。
会費制結婚式をする際には、まずは親族でしっかりと話し合っておくと良いかもしれませんね!

東京で会費制結婚式を挙げる際の会費相場は?

3

ご祝儀制よりも格段に少ない自己負担で挙げられるという会費制結婚式ですが、その相場も見ておきましょう。
まずゲストにお願いする会費の相場は、1万円~2万円とされています。
立食や着席、ビュッフェやフルコースと言った料理の種類や、開催場所となる結婚式場やレストランによって会費設定は大きく変わります。
しかし1.5万円までの会費で開催するケースが一番多く、2万円近い会費となるとご祝儀制結婚式さながらの内容を盛り込む事が可能だと言います。
ご祝儀の相場は3万円~とされていますので、ゲストの負担も少なくてすみますよね。
また新郎新婦の負担も、自分たちの衣装やヘアメイク、装飾代、撮影代と言った部分だけに限定されるので大幅に費用を抑える事ができます。
新郎新婦が気軽に結婚式を挙げる事ができ、どんなゲストでも気軽に呼べるのも、会費制結婚式の良い所と言えそうですね。

東京でも会費制結婚式ができる場所が増えている!

4

元々北海道から始まった会費制結婚式ですが、現在では東京でも会費制で開催できる会場が増えています。
ご祝儀制との違いに戸惑う方ももちろんいるとは思いますが、会費制結婚式には独自のメリットがあります。
結婚式を挙げることに迷いを感じている方や、人と違う結婚式を挙げたいという方は、是非会費制結婚式を検討してみてはいかがでしょうか。

会費制結婚式について気になった方は、情報が盛りだくさんの会費婚ラウンジにもぜひ足を運んでみてくださいね!

会費婚

『会費婚』は本格的な結婚式から、カジュアルな1.5次会まで幅広くご利用頂けるサービスです。
ゲストも大満足の会費制結婚式や1.5次会は会費婚にお任せください。

rara 犬やウサギ、爬虫類と1歳の息子がいる大家族のママライターです(*^^)v
 【会費婚note】に「いいね♡」する