カメラマンは?司会者は?会費婚の「パッケージプラン」費用に含まれているもの

会費制結婚式をプロデュースする「会費婚」の提案するパッケージプランって、皆さんはご存知ですか?

自己負担5万円でご祝儀制に劣らない結婚式をすることが出来るのですが「どうせ色んな追加料金が発生するんでしょ?」と思っていませんか?

それって実は大間違いっ!!

会費婚の提案するパッケージプランには、ブーケやウェディングケーキ等は勿論、司会者・カメラマン・ヘアメイクまでしっかりと費用に含まれているんです!

そこで今日はまだあまり知られていない会費婚の「パッケージプラン」について徹底解説したいと思います。

「そんなものまで料金に含まれるの?!」と驚くこと間違いなし♪ それでは早速ご覧ください!

 

会費婚って何?

  • ” 会費婚とは、自己負担5万円とゲストに優しい会費制(お一人様あたり平均10,000円~15,000円)を採用し、 ホテルやゲストハウスなどの一流会場をお得な条件で、今までにはなかった新しいスタイルの結婚式をご提案します。
    これから結婚をする人、結婚式をあきらめていた人にも安心して素敵な結婚式をしたいただくため、 ブライダル業界で初めて、結婚式にかかる費用をはじめからオープンにしました。 ”
  • 【引用:『会費婚』2017年春のウェディング応援キャンペーンページ

 

通常では数百万円の自己負担や料金の立て替えが必要でしたが、会費婚では自己負担は勿論ゲストも負担も減らせるのに、コストパフォーマンスが最高!

プランに記載されていない追加料金は一切かからず、しかも持ち込み料金が無料なので、オリジナリティのある結婚式にこだわりたい方も自由にカスタマイズできるというポイントも魅力的です♡

 

自己負担5万円の「パッケージプラン」に含まれているもの

 

この画像の黒で書かれている物は、会費婚の基本プランである「自己負担5万円のプラン」に全て含まれています。 ざっと見ただけでも結婚式に必要なものは全て含まれていますよね!

「でも、自己負担5万円だと、選べないしオーソドックスでオシャレ度にも欠けるんじゃないの?」

と思っているそこのアナタ、確実にその考えは180度変わります!

ただ、ピンク色の「ドレス」と「タキシード」は基本プランには含まれていません。 この次のカテゴリでドレスとタキシードについて詳しくご紹介しますので、最後までチェックしてくださいね♪

会場は関東圏の120か所から選べる!

関東圏にある120か所以上の人気結婚式会場やゲストハウス、高級ホテルや人気レストランから選ぶことが可能です。 パーティースタイルや結婚式のコンセプトによって選ぶことができるので、絶対にイメージに合った会場が見つかりますよ♡

利用できる会場を下記のリンクから見られるので、是非チェックしてくださいね♪

でも、ここに提示されている会場が全てではありません! 実は、大人の事情で掲載する事が出来ない、マル秘会場もあるのです♡ もしかしたらあの憧れの場所で、自己負担5万円で結婚式ができるカモ?!

気になる方は会費婚サロンまで足を運んでみてくださいね♪

⇒『会費婚』で利用できる会場一覧ページはコチラ

ブーケや会場の装花は勿論選べる!

 

特に注目していただきたいのは「ブーケ」と「メインテーブル装花」と「ゲストテーブル装花」! 自己負担5万円のプランなのに、こんなに豪華で素敵なデザインを、数百種類の中から選ぶことが出来るのです♪

ドレスや結婚式のコンセプトにピッタリの物を見つける事ができますね♪ 他のデザインをチェックしたい方は以下のリンクからご覧ください♪

⇒ 他のブーケデザインをチェックする

⇒ 他の高砂装花デザインをチェックする

プロフェッショナルが揃っている!

専属のプランナーは勿論、当日の介添えヘアメイク、司会者、音響オペレーター、カメラマン… 結婚式をアシストするプロフェッショナルも勿論プランの中に入っています!

し・か・も!!

プロのカメラマンが撮影した写真データも、200~300枚無料で付いてきます!!! データさえあればアルバムなどは、自分で作成する事もできますよね♪

持ち込み料は無料!

結婚式での持ち込みって料金が発生してしまうことが多いのですが、会費婚は持ち込み量が無料です。

プラン内に含まれている物だけでも十分ですが、例えば「ペーパーアイテムはこだわりたいからDIYしたい!」「プチギフトは、自分たちでも準備する!」等のワガママもOK!

5万円のプランだから自由にカスタムが出来ない…というコトではないので、こだわりたい方はとことんこだわることが可能です◎

 

ドレスやタキシードのレンタルは?

先ほども少し触れましたが、「自己負担5万円のプラン」には、ウェディングドレスやタキシードが含まれていません。 「じゃあ、ドレスはどうすればいいの?!」という疑問を持ってしまいますよね。

勿論持ち込みでも構わないのですが、他社でレンタルをすると平均20万円~30万円はしてしまいます。

でも!!!

会費婚にはウェディングドレスやタキシードのレンタルも含んだ「自己負担15万円のプラン」があり、提携しているタカミブライダルのウェディングドレス約250点の中から好みのデザインを選ぶことが可能です◎

プラス10万円で、35万円相当のウェディングドレスがレンタルできる…かなりお得ですよね☆

新作デザインは勿論、芸能人がデザインしたドレスも含まれているので、必ずイメージ通りのドレスが見つかりますよ♪

 

自己負担5万円のプランには、結婚式で必要な9割の物が含まれている♪

結婚式で必要な全ての物が自己負担5万円という費用に含まれ、新作のウェディングドレスやタキシードのレンタルをしても自己負担15万円!

お色直し等で衣装を追加しても、ほとんどのケースが20万円~30万円で収まります!

数百万円の自己負担がなく、結婚式の数日前に全額負担をする必要もない、新しいカタチの会費制結婚式。

関東地区で結婚式を予定されているプレ花嫁の皆さん、是非一度会費婚サロンに足を運んでみてはいかがでしょうか?

会費婚

『会費婚』は本格的な結婚式から、カジュアルな1.5次会まで幅広くご利用頂けるサービスです。
ゲストも大満足の会費制結婚式や1.5次会は会費婚にお任せください。

 

関連記事

え、マジ?!3月末までの成約で【会費婚の基本プランが0円になる】キャンペーン開催中!!

会費婚の『自己負担5万円のプラン』は、素敵なブーケや生花の高砂装花も入っている!

これからの結婚式のカタチ?!「会費制結婚式」を選択する6つのメリット

princhipesa ライター MC、タレント、モデル、チーフ・レセプショニスタ、弁護士事務所勤務…などの経歴を持つアラサーライターです(`・ω・)☆ ホテル勤務経験で培ったマナーや作法を活かしたコンテンツを提供し、少しでも皆さんのお役にたてれば幸いです。
 【会費婚note】に「いいね♡」する