会費制結婚式に会社の上司や親族を招待するのは失礼?

会費制結婚式に会社の上司や親族を招待するのは失礼? | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

2020.7.29th.

champagne-1196112_640
結婚式をするにあたって、まずは招待するゲストを思い浮かべることと思います。
楽しいときに一緒に笑いあう友人、昔から可愛がってくれている親族、毎日叱咤激励してくれる会社の上司・・・。
ゲストの負担を考えて会費制結婚式も検討しているけれど、会社の上司に対して失礼にならないか心配になったりしますよね。
ではどんな結婚式なら会費制でも失礼にならないのか?
フォーマル感もしっかり残る会費制結婚式をご紹介します!

 

1.披露宴の形式

会費制でできる結婚式には様々な形式があります。

どんな結婚式ができるのでしょうか?

1)着席フルコース

ゲスト全員分の席を用意して、前菜からデザートまでフルコースサーブされる形式。
ご祝儀制ではほとんどがこの形式をとっていて、一番フォーマルといえます。
会社の上司など、目上の方を招待するなら失礼にあたらない形式ではありますが、ブッフェに比べるとお料理の予算が少々あがる傾向があります。

2)着席ブッフェ

ゲスト全員分の席があり、ブッフェ(バイキング)の形式。
目上の方や親族などの年配者がいても心配が少ない、ブッフェ形式です。
しかし、着席する席とブッフェ台の確保が必要なため、少人数ではないとセッティングできないことも。
ほどよいフォーマル感があり、会費制結婚式にはオススメ。

3)立食ブッフェ

ゲスト全員分の席はなく、基本スタンディングで食事をする形式。
立食とはいえ、壁際などにある程度の椅子をセットすることが可能で、ゲストの半数以上が座れるようにセッティングすることが多いので、同年代のゲスト中心の結婚式なら全然アリです。

 

\ クオリティの高いパーティーが5万円から /
>>会費制結婚式・1.5次会なら「会費婚」<<

 

2.カジュアルになりすぎないポイント

カジュアル=失礼になるとは限りません。
しかし、上司が来るからにはきちんと感も残したいところ。ではどこを工夫すればきちんと感がでるのでしょうか?

 1)お料理

restaurant-1284351_640

フルコースでもブッフェでも、お料理はゲストが楽しみにしているポイントです。
ここには自分たちが選んだメニューを選ぶことをすすめます。
徐々に広まりつつありますが、会費制はまだメジャーではない結婚式の形です。
「会費制の結婚式だから、お料理をケチられたわ。」なんて思われたら、ゲストを思って会費制にしても残念なだけですよね。
お二人のオススメ料理などをペーパーアイテムなどに記載するのも、ゲストがお料理を楽しめるきっかけになりそうです。

2)飲み物

飲みたいお酒がプラン外だったら申し訳ない、とゲストに気をつかわせない気遣いが必要です。
披露宴で用意しているお酒の種類をお料理とともに記載しておくと、ひと手間かけられたパーティーと感じていただけますね。

3)装花

予算調整で一番削りやすいこの項目。
しかし、ボリュームを減らすという選択はあまりおすすめできません。
披露宴としておもてなしをするには、華やかな場を提供することも重要です。
ゲストテーブルとメインテーブルのお花はケチらずに飾るようにしましょう。
予算を調整したい場合は、お花の量を減らすのではなく、リーズナブルな花材に変更するなどの方が華やかさを失いずらくおすすめです。

fd802cb9c62b529e399e1e60d0684491_s

 

\ 納得感のある価格とクオリティでパーティーを /
>>会費制結婚式・1.5次会なら「会費婚」<<

 

 3.フォローしておくべきポイント

1)事前にお知らせしておくと親切

会費制の結婚式である、と招待状に記載はしていても、会社の上司には口頭でお伝えしておきましょう。
その際、ご祝儀は不要ということも忘れずにお伝えしましょう。
 

2)結婚式のあとにしておくとよいこと

結婚式を会費制にしても、会費とは別にお祝いの気持ちとして、ご祝儀をいただくこともあるでしょう。
その際はありがたく頂いて、後日お祝い返しをしましょう。
お祝い返しの相場は頂いた金額の3分の1から半分程度で、お相手に喜んでいただけるものを選びましょう。
こんな些細なことも、会費制の結婚式だからこそできる、ゲストとの貴重な時間なのではないでしょうか。

 4.会費制結婚式に上司や親族を招待しても失礼ではありません

ご祝儀制でも会費制でもおもてなしの気持ちは一緒です。
むしろ、新しい会費制という形は決まりが少ない分、自分たちで考えたおもてなしを実現するのに最適な場なのかもしれません。
お祝いに来てくれるゲストに気持ちよくお過ごしいただくのに、ベストな選択ができることをお祈りしています。

会費婚

『会費婚』は本格的な結婚式から、カジュアルな1.5次会まで幅広くご利用頂けるサービスです。
ゲストも大満足の会費制結婚式や1.5次会は会費婚にお任せください。

「会費婚」がよく分かる特別資料冊子をご用意いたしました!
1. 「会費婚ってどういうサービス?」「会費婚と一般的な結婚式って何が違うの?」がよくわかるサービスガイド。
2. 会費婚でご提案できる会場(一流ホテル/有名レストラン/おしゃれなゲストハウス)がひと目で分かる会場紹介。
3. 会費婚で実際にパーティーを開催された方の声が集まったプランガイド。
の3冊セットです!
ぜひこれからのご準備にお役立てください!

この記事の関連タグ

会費婚結婚式 https://www.kaihikon.com 会費婚では、価格保証された新しい結婚式として、 自己負担5万円とゲストのみなさまに優しい会費制(お一人様あたり平均15,000円~20,000円)を採用し、 ホテルやゲストハウスなどの一流会場で、 従来のご祝儀制でおこなう結婚式と変わらない挙式&披露宴を実現いたします。