会費婚のマーケティング担当(33歳独身・女)がオススメする婚活アプリベスト3

みなさん、こんにちは。
FacebookでPairsの広告を見るたびに、「私こんなに可愛くないし私こんなに巨乳じゃないし私こんなにおいしそうな太ももしてないけど、Pairsやっててごめんなさい…」と思ってしまう、会費婚のマーケティング担当のmiwaです。

1

会費婚」のオウンドメディアとして運営しているこの会費婚noteは、「あなたと結婚を近づけるメディア」をコンセプトに運営している訳ですが、そのマーケティングを担当している私自身が独身とは、一体どういうことなんでしょうか。

というわけで、今回は、日々ガチ婚活に挑んでいる33歳独身女の私が、本当に出会いに役立つと感じているマッチングアプリを紹介したいと思います。

完全に独断と偏見でご紹介しますが、、少しは参考にしていただける部分もあるといいなと思って書きますので、ぜひご一読いただければ嬉しいです。

第3位  ビジネスマッチングアプリを下心で使ってごめんなさい…「yenta(イエンタ)」

「婚活に役立つアプリ」と言いながら、ビジネス系のアプリをいきなり紹介してごめんなさい。特にイエンタの開発チームのみなさん、こんな紹介の仕方をしてしまって本当にごめんなさい。
でもほんとにイエンタで出会える人はとても素敵な人ばかりです。

1

yenta(イエンタ)とは?

「ビジネス版のTinder」とも言われる、ビジネスマッチングアプリ。完全審査制、人工知能によるマッチングが特徴です。
毎日アプリが提案してくれる10人について興味あるなしを判断します。自分も相手も「興味あり」とした場合、マッチングが成立。メッセージのやり取りが可能となります。

 yentaの良いところ

本気の完全審査制なので、変な人がいません。

実際、今まで私がyentaでお会いした人は男女問わず、お仕事が好きで、とても魅力的な方ばかりでした。
完全なる、まともな出会いがたくさんあります。

ちなみに、審査性が本気というのは、弊社社長が審査通過に3日かかったという事実が物語っています。肩書きだけでなく、ちゃんとその人の背景やプロフィールの内容をチェックしているということだと思います。

 yentaの(婚活アプリとしての)マイナスポイント

ビジネスでのマッチングがメイン(当然です)

当然のことながら、ビジネスマッチングがメインなので、お会いして素敵だなと思った方がフリーかどうかは不明。むしろ、素敵な方であればあるほど、パートナーがいる確率が高いです。というか、下心を持ってお会いすること自体がアプリの使い方に反しています。重ね重ねごめんなさい。

恋愛感情よりリクルート欲が勝ってしまう

本当に優秀な方や面白いと思える方に出会えることが多いので、「一緒に働きたい!」と思える方と出会うことが多いです。恋愛感情より、「この人、ウチの会社に来て欲しい!」というリクルート欲求が勝ってしまうことが多々あります。

yenta(イエンタ)の詳細はこちらから

第2位 国内最大級の登録者数!「Pairs(ペアーズ)」

Facebookを頻繁に使う方なら絶対広告を見たことがあるはず。言わずと知れたマッチングアプリの王者Pairsです。圧倒的な登録者数とユーザーのアクティブ率ゆえに、TOP3に入れざるを得ませんでした。

1

Pairs(ペアーズ)とは?

年齢、職業、住んでいるエリア、年収などあらゆる条件で異性を検索することができます。気に入った相手が見つかれば、「いいね!」をすることができます。お互いに「いいね!」がつけば、マッチング成立。メッセージのやりとりををすることができます。

Pairsの良いところ

登録者数圧倒的No.1!

圧倒的な物件数登録者数です。
マッチングアプリにおいて、母集団の数は最重要指標。ペアーズは日本最大のデーティングアプリなので、本当に幅広い層が登録しています。
年齢だけでも、下は19歳から上は68歳までお見かけしたことがあります。

Pairsのマイナスポイント

「恋愛」っぽさがあまりない

条件での検索が先行するため、「恋愛」っぽさはあまりありません。(婚活っぽさを求める方には逆にこれがプラスポイントになるのかもしれませんが…)

高度な選男眼(男性を選ぶ目)が必要

また課金している男性が多いためか、お会いする男性が皆さん「元をとってやろう」と言う気合でいらしている方が多いなと言う印象です。それは、私が男性を見る目がないから…というのが原因なのですが、、Pairsでは、しっかりとした男性を選ぶ目(選男眼)がないと、多くの異性の中から自分に合ったパートナーを選ぶのは難しいという印象があります。

Pairs(ペアーズ)の詳細はこちらから。

第1位 フランス産ロマンチックなデーティングアプリ「happn(ハップン)」

私が最もおすすめするマッチングアプリはフランス製の「happn」です。さすが、恋愛の国フランス生まれだけあって、マッチングの演出がとってもロマンチックだなと感じる大好きなアプリです。

1

happn(ハップン)とは?

街やイベント会場などですれ違った、happnユーザーを一覧で見ることができます。その中で気になった人がいればハート(いいね!的なもの)をタップします。向こうも自分のコトを気に入っていた場合のみ、カップリングが成立し、メッセージのやりとりができます。

happnのよいところ

とにかくイケてる人が多い!

なぜか、とにかくイケてる人が多いです。ペアーズでは絶対にリーチできない層がhappnには眠っています…!男性も無課金で利用できるからでしょうか…?

マッチングの演出がロマンチック

前段でも書きましたが、マッチングの演出がロマンチックです。
「すれ違って、密かにお互いいいなと思っていた関係…」ってとってもステキじゃないですか?(この妄想をふくらませる際、男性は女性全員にハートつけてるってゆー事実には目をつぶっています)

happnのマイナスポイント

位置情報を利用している点は注意

1位なので特にマイナスポイントはありませんが、敢えて言うと位置情報を発信してるので、近所にストーカーがいたり、会社の人に内緒でこっそり活動したい、という人には向かないかもしれません。

ちなみに、ウチの会社のオフィスで、happnを立ちあげると、弊社社員ばかり出てくるという事象が発生しています。

happn(ハップン)の詳細はこちらから。


というわけで、わたしのオススメするマッチングアプリを3つ紹介してみました。ただ、オススメのアプリを使っても、私の婚活が終わってないということは……
婚活以前に自分磨きが必要ということですね、わかります。

もし、次回も記事を書くことがあれば、33歳独身女のペアーズ攻略法を書きたいと思います。

ご清聴ありがとうございました。

※アプリの内容の説明は、説明の簡素化を図るため機能の一部についてにしか触れていません。実際にアプリを使っていただくと、それぞれより多くの機能を使うことができますので、使ってみようと思った方は、ぜひいろいろ試してみてください!

miwa マーケティング担当 株式会社アールキューブの会費婚チームでマーケティングを担当しています。結婚式について、勉強の日々です。
【会費婚note】に「いいね♡」する