新郎新婦&ゲストも満足☆会費婚の【費用プラン】【追加費用】徹底解説!!

今までの結婚式スタイルというと…「神前式」「教会式(キリスト教式)」「仏前式」といった格式的なものが主流となっていました。

そして披露宴は、挙式後にゲストの方々をお招きして「ホテル」「レストラン」「専門式場」などで行うものが多くみられ、挙式と披露宴を一緒に行うとなると、費用もそれなりの額が必要でした。

でも最近では、費用の面でも負担の少ない披露宴と二次会を一緒に行う「1.5次会」といった、格式にとらわれない自由なスタイルのものも多くなってきましたよね!

そこで!カジュアルな1.5次会から本格的な結婚式まで利用できてしまう会費婚が提案する、新しいウェディングスタイルの【費用プラン】や、気になる【追加費用】について徹底的に解説していきたいと思います!!

会費婚だけの【費用プラン】は新郎新婦お二人だけでなく、お招きするゲストの方々にも満足していただけるとっても魅力的な内容となっていますよ☆

結婚式は挙げたいけれど、費用がネックとなって結婚式を挙げるのを諦めてしまった…。というカップルの皆様!これから結婚式の準備を進めていくというカップルの皆様!

「費用の面で悩む…。」

という言葉は会費婚の【費用プラン】には必要ありません!!

これからご紹介する会費婚の費用プラン内容☆ぜひぜひ、チェックしてみてくださいね!!

見逃せない!会費婚の魅力  – 費用編  –

会費婚には、今までの結婚式ではできなかったことがたくさん詰まっています!

その魅力とは…?

☆魅力-明朗会計でわかりやすい費用プラン

結婚式の準備を進めてくうちに、いつの間にか費用が多額になってしまった…。というケースも多くみられるようですが、会費婚の費用プランは、予め必要となる費用がパッケージになっているので、明確でわかりやすい費用プランです!

準備もサクサクと進んでしまうこと間違いなしです!

☆魅力-新郎新婦の自己負担は5万円

なんと!会費婚では、新郎新婦の(自己負担金の5万円)プラス(当日のゲストの方からの会費)で、ステキな結婚式を挙げることができます!

決して結婚式の内容や、質が劣ってしまうということはありませんよ!

(※5万円プランには、ドレス・タキシードは含まれていません)

☆魅力-ゲストは会費制orご祝儀制でおもてなし

会費婚は「会費制」「ご祝儀制」の結婚式から、どちらかお好きなものを選ぶことができます。会費制であればゲストの方々の負担も少ないですよね。

一方のご祝儀制では黒字になることもあるようです。

☆魅力-衣装(ドレス・タキシード)や引き出物の持込もOK!&無料!

会費婚の費用プランには、先ほどご紹介した自己負担5万円プランと自己負担20万円プランが用意されています。

5万円プランにはドレスや・タキシードは含まれていないので、ご自分たちの気に入ったものを持ち込むようになりますが、その持ち込み料無料となっています☆

その他にも引き出物(ご祝儀制の場合)やペーパーアイテムなども、もちろん無料で持ち込みOKです!

☆魅力-支払いは後払いOK!

一般的な結婚式では、前もって全額費用(約300万円以上)を支払う必要がありますが、会費婚では、5万円以外の費用はすべて結婚式当日の支払いでOK!という支払いシステムとなっています。

驚きの自己負担5万円?!会費婚 パッケージプラン

会費婚パッケージプラン

 5万円プラン(ドレス・タキシードは含まれません)

20万円プラン(提携しているタカミブライダルのドレス・タキシード250着以上からお好きなものを選ぶことができます)

パッケージプラン」には下記のように(ウェディングケーキ)(フルコース料理)(ドレス・タキシード)など結婚式に必要になる、基本アイテムがすべて含まれています!

会費婚の「パッケージプラン(5万円プラン・20万円プラン)」の魅力は、やはり!費用が明確にしてあるということです!

そして段取りもしやすく、スムーズに結婚式の準備が進められるということも大きな魅力となっています☆

何度も言っちゃいますが、自分たちでウェディングドレス・タキシードを持ち込めば、驚きの!自己負担金5万円で結婚式ができちゃいます!!!

また会費婚で式を挙げられたほとんどのカップルが、この「パッケージプラン」での結婚式がとても満足するものだったとおっしゃっています☆

先輩カップルからもお墨付きのプラン内容は、要チェックですよ~!!

★ 先輩カップルのインタビューはこちら ★

 追加費用って いくらかかるの?

これまで会費婚の【費用プラン】についてご紹介してきましたが、費用の安さとその充実の内容、そして良心的な内容に驚かれたのではないでしょうか??

でも、ホントは追加費用がかかってしまうのでは…?と疑問を抱いている方のために!

気になる【追加費用】についても徹底的に解説していきますよ~!!

 追加費用が必要になるケースはこんなとき

「パッケージプラン」を利用すればほとんどの場合、追加費用がかかるといったことはありませんが、新郎新婦お二人のこだわりや、ココは外せない!!という場合には追加費用が必要になることがあります。

例えば...

1)映像をつけたい場合

2)カラードレスを着たい場合(お色直し)

3)和装を着たい場合

以上のような場合には、20~30万円程度の追加費用が必要となります。

100万円単位で費用が跳ね上がることはないので、ご安心ください!!

追加費用もこれぐらいの額であれば、心配なさそうですよね☆

会費婚の費用のあれこれをご紹介してきましたが、会費婚は金銭面(費用)の負担がとても少ないということがわかっていただけたと思います。

会費婚の【費用プラン】を利用すれば、新郎新婦お二人はもちろんのこと、ゲストの方々の負担も少なくなる他、【追加費用】も驚くような金額が発生するというようなこともありません。

そして!そして!自己負担金額が少ないからといって、結婚式のクオリティーが落ちてしまうということは決してないのでご安心を!

もっと詳しい内容が知りたいと思ったカップルの皆様!ぜひ会費婚ラウンジへ足を運んでみられてくださいね!

きっと☆会費婚で式を挙げてみたい!と思っていただけるはずです♪

会費婚

『会費婚』は本格的な結婚式から、カジュアルな1.5次会まで幅広くご利用頂けるサービスです。
ゲストも大満足の会費制結婚式や1.5次会は会費婚にお任せください。

 

 【会費婚note】に「いいね♡」する