『リーガロイヤルホテル東京』4階チャペル「カナホール」2017年9月15日 リニューアルオープン!

リーガロイヤルホテル東京はアメリカ人デザイナー、ジョン・グラハム氏設計によるヨーロピアンクラシック調で統一された格調高いホテルとしても知られています。

そのリーガロイヤルホテル東京4階のチャペル「カナホール」が2017年9月15日、“光の差し込むガーデン”をコンセプトにリニューアルオープンします!

隣接する約1万坪の大隈庭園側の窓が増設され、チャペル横のバルコニーにはイングリッシュガーデンが新設されるそうです☆

大きな窓から差し込む光と緑豊かな大隈庭園を借景に、光と緑に包まれたガーデンチャペルとして新しく生まれ変わるのだとか。

9月のリニューアルオープンに先駆け、チャペル「カナホール」の魅力をたっぷりとご紹介したいと思います!

今年秋に挙式を予定されているカップルの皆さまは、こちらのチャペルぜひチェックしてみてくださいね!

緑豊かなバルコニーガーデンと一体となったチャペルで叶えるウェディング☆

新しく誕生するチャペルのデザインは、ホテル館内全体で統一された「ヨーロピアンクラシック」を継承し、内装は新婦のドレス姿が美しく映えるように「純粋・清楚」の意を込めた“白”と「洗練・優美」をもたらす“ゴールド”が基調となっています。

祭壇の壁面には“ボルドールージュ”がアクセントして取り入れられ、落ち着きを醸し出しながらもウェディングにふさわしい華やかな空間を演出します☆

そして大理石のバージンロードは、窓から差し込む木漏れ日がまるで新たな人生を歩み出すふたりの道を優しく包み込んでくれているかのような幻想的な雰囲気に包まれるのだそう。

その他バージンロードや壁面には“永遠の愛”を物語る“月桂樹の葉”のモチーフがあしらわれ、ふたりの幸せな未来を讃えるデザインが取り入れられるなど、細部にまでこだわって施されている美しいデザインも魅力的ですね☆

また新設されるバルコニーガーデンは、青空と緑を望むナチュラルテイストの空間となっていて当日のブーケトスの演出、友人との記念撮影、新郎新婦の前撮り写真のロケーションとしても利用することもできるそうですよ!

■ボルドールージュのタイルが特徴の祭壇(完成イメージ)


■併設するバルコニーガーデン(完成イメージ)

※画像はすべてイメージです。今後変更される場合があります。

気品に溢れたチャペルでの挙式は新郎新婦はもちろんのこと、お招きするゲストの方々にもきっと喜んでいただけること間違いなしですね!

花嫁の美しさをより一層引き立ててくれるチャペルは、花嫁の永遠の憧れです☆

ぜひ、リーガロイヤルホテル東京のチャペル「カナホール」で想い出に残る素敵なウェディングを叶えてくださいね♪

********************

■チャペル「カナホール」リニューアル概要

・オープン日:2017年9月15日(金)

・場所:4階

・面積:チャペル151.8㎡、ガーデン145.6㎡

・収容人数:80名

・スタイル:キリスト教式/人前式/シビル式

・投資金額:5,000万円

■予約・問い合わせ先:リーガロイヤルホテル東京 ブライダルサロン

TEL.03-5285-1123(受付時間10:00~19:00)※水曜日定休

■リーガロイヤルホテル東京公式HP:https://www.rihga.co.jp/tokyo

 

 

会費婚

『会費婚』は本格的な結婚式から、カジュアルな1.5次会まで幅広くご利用頂けるサービスです。
ゲストも大満足の会費制結婚式や1.5次会は会費婚にお任せください。

 【会費婚note】に「いいね♡」する