そもそもウエディングブーケ必ず持たなくてはならないの?

そもそもウエディングブーケ必ず持たなくてはならないの? | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

2015.6.10th. | By  | 

0074

ウエディングブーケ必ず持たなくてはならない?

結婚式では、必ず新婦がブーケを持ち、新郎が同じお花で作ったブートニアを胸に付けています。ウエディングブーケの由来は、20世紀ヨーロッパでは、婚約した女性に婚約した男性から毎日花を贈る習慣や、結婚式の朝、花婿から花嫁に花束が贈られるようになったそうです。それが、いつしか・・・男性が女性にプロポーズする際、自らの手で野の花を摘みそれを束ねて愛する女性に結婚を申し込んだそうです。この花束が、現在のウエディングブーケです。

ブートニアは?

女性は、前述のプロポーズがOKであれば、その花束(ブーケ)の中から一輪を抜き取り男性の胸のポケットにそっと差してあげるそうです。これが、男性が胸に付けるブートニアとなりました。こんな美しい物語がウエディングブーケの由来の一つとされています。

ブーケ・ブートニアは結婚式にかかせませんね。

このように語り継がれてきたウエディングブーケ・ブートニアは花嫁の象徴というだけでなく「花婿からのプロポーズの証」でもあるわけです。ちなみに、この素敵な儀式は、現在でもブーケセレモニーという形で継承されてます。そんなたくさんの思い入れが詰まったウェディングブーケは、結婚式で花嫁を美しく彩るに違いありません。

ブーケってどんなものがあるの?

・ラウンドブーケ(まるくかわいらしいデザイン)
花を半円形に集めて作った丸いブーケ。キュートから大人系までどんなイメージにも仕上がるのが魅力。愛らしい雰囲気のドレスに合い、裾広がりのマーメイドにもマッチ!!

・オーバルブーケ(ふんわり楕円の優美なデザイン)
ティアドロップともいわれ、涙のしずくに似た形。ふんわり感があり、大きめの花や動きのある葉ものが映え、花材次第でノーブルにもキュートにもなる。 どんなドレスにも合わせやすく、特にプリンセスラインにマッチ。

・キャスケードブーケ(流れるシルエットの気品あふれるデザイン)
優雅なボリューム感のある縦長のラインが特徴で、格調高いブーケの代名詞。 存在感のある花材を使うとゴージャス。トレーンを長く引くドレスやチャペルなど広い会場にぴったり。 Aラインは長め&細めの変形版が合う。

・クレッセントブーケ(三日月型の美しいフォルムのエレガントデザイン)
三日月のようなカーブを描いたフォルム。ゴージャスにも、ナチュラルにもなり、花材によって表情が変化。ドレスの前があまり隠れないので、Aラインやふくらみの少ないプリンセスラインに縦で持つと相性がよい。

・クラッチブーケ(花を自然に束ねたナチュラルなデザイン)
束ねただけの、自然なスタイル。茎の部分を握る持ち方になり、ガーデンウエディングやカジュアルなパーティに映える。個性派ドレスに合うナチュラル、スタイリッシュなイメージが強いけど、優雅な仕上がりにも可能。

・メリアブーケ(花びらを八重咲き風に束ねたゴージャスなデザイン)
プリザーブドに加工した花弁を幾重にも重ね、この世に存在しない大輪の花をかたどったブーケ。鮮やかに彩色した色を組み合わせて、芸術的に仕上げることも可能。細身のドレスやひざ丈の個性派ドレスにマッチ。

・バッグ・ボール・リースブーケ(個性が光るオリジナルデザイン)
持ち手がついたバッグ型や球状のボール型のブーケは、ユニークなかわいさが注目を集めそう。リース型のブーケは、永遠の愛を意味する縁起もの。どれも丸みを帯びたデザインなので、スレンダーなドレスには不向きかも。

補足!選んだドレスにどんなブーケを合わせれば良いの?

ドレスのデザインの様にブーケも基本的な形がいくつかあるので選ばれたドレスによって似合うブーケの形も変わってきます。ドレス姿を素敵に引き立てる相性の良いを探して!白のドレスとお色直しの衣装ごとに別々のブーケを用意して、ガラリと雰囲気を変える 演出もすてき☆また、ブーケトス、ブーケプルズの演出にはトス(プルズ)用のミニブーケを用意するのがおすすめ!花嫁を華やかに彩るウエディングブーケはオリジナル演出ひとつ!自分らしいお気に入りの一花を見つけてみて!

 

「会費婚」から結婚式準備のための完全ガイドご用意いたしました!
結婚式準備から当日、終了後まで、時系列でわかりやすい一冊のガイドになっています。
どのタイミングでどんな準備するのか、より楽しみながらイメージを膨らませることがでいます。
ぜひこれからのご準備にお役立てください!

【会費婚note】に「いいね♡」する