結婚式と東京 オリンピックが関係してるって知ってた?

結婚式と東京 オリンピックが関係してるって知ってた? | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

結婚式と東京オリンピック

オリンピック

今、国立競技場の新会場建設で、毎日テレビを賑わせている「東京オリンピック」

早くすてきな会場が出来て2020年、東京オリンピックが無事に来るのを心待ちにしている今日この頃。
競技場だけでなく新しいホテルもどんどん建設されています。
ホテルで挙げる「総合結婚式」が流行りはじめたのは、1964年の東京オリンピックが一つのきっかけだったのをみなさんは知っていますか?

ホテルで挙げる総合結婚式のはじまりが、東京オリンピックだった?

結婚式

当時、東京オリンピックが行われる!という事で、大型ホテルが都内にたくさん建設されました。

例えば昭和35年にホテルニュージャパン、銀座東急ホテル、昭和36年にパレスホテル、昭和37年にホテルオークラ、昭和38年に東京ヒルトンホテル、昭和39年にホテル高輪、東京プリンスホテル、ホテルニューオータニ、羽田東急ホテルが開業と、国際的に通用するシティホテルがどんどんオープンしていったんです。

(参照:http://www.token.or.jp/magazine/g200705.html)

しかし、オリンピック終了後は観光客も少なくなりホテル自体がお客様を集めることができずに
ホテルはガラガラ、たくさんの宴会場も増えてしまい。
オリンピックのためだけに作ったのではない!とは思うものの、どうしたらお客様をホテルに呼ぶことが出来るか、ホテル経営者たちは頭を悩ませたそう。

人をたくさん呼べる、結婚式をやればいい!

そこでホテル側はバンケットや宴会場を結婚式で使ってもらえるように考えはじめ、
式と披露宴をホテルの中で完結させる「総合結婚式」が増えていきました。

東京で大流行した「ホテルで、結婚式&披露宴」

それが、東京から地方に広がり、結婚式自体が大きなサービス産業となっていきました。
大型の専門式場(ワタベウェディングや、ベストブライダルなど)が東京はじめ全国にチェーン展開はじめると「総合結婚式」が全国で当たり前になっていったのです。

入籍をして結婚が決まったら二人で式場やホテルを見学しに行く。
結婚式は、ホテルや結婚式場でするものという概念になったのは実は比較的まだ新しい出来事なんですよ。

結婚適齢期の20代から30代の皆さん。
お祖父様、お祖母様、ご両親の結婚式は当時の流行りなのか、
一体どんな結婚式をしたのか聞いてみるのも楽しいですね。
(私の母は、確か披露宴でドレスを9回?着替えたとか聞いたことがあります。笑)

今の結婚式が当たり前!と思っていると、思いますが
結婚式は誰かが作り出した流行かもしれませんね。

最近だと外で結婚式をしたりとか、美術館で結婚式をしたりとか、海で結婚式をしたり。
ホテル=結婚式じゃなくなってきていますよね。

自分の結婚式はどのようにしたいですか?

流行は自分で作ってみるのも楽しいですよ!

「会費婚」から結婚式準備のための完全ガイドご用意いたしました!
結婚式準備から当日、終了後まで、時系列でわかりやすい一冊のガイドになっています。
どのタイミングでどんな準備するのか、より楽しみながらイメージを膨らませることがでいます。
ぜひこれからのご準備にお役立てください!