海外で結婚式を!メリット・デメリットを出してみた

海外で結婚式を!メリット・デメリットを出してみた | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

海外で結婚式を!メリット・デメリットを出してみた

 海外 結婚式

憧れの結婚式といえば、海外挙式ですね!

最近、海外結婚式の結婚式費用は下がっており
新郎新婦の条件によっては、国内より海外の方が、良い場合もあります。

とはいえ、海外結婚式って国内とどう違うのか、どんな準備が必要なのかわからない方もいると思います。
そこで、今回は、海外結婚式について、調べてみました。

海外での結婚式のメリット・デメリット

カップル

海外で結婚式のメリットとデメリットをまとめて見ました。

メリット

会費婚

海外結婚式のメリットは、なんといっても雰囲気!ですが、それでだけではありません。

グアムなど近場なら、国内より費用が安い
例えば、グアムで、結婚式を挙げる場合、挙式だけなら20万〜30万円で行えます。
ここに食事会や渡航費用なども含めても、国内でまともに結婚式を挙げるより安く上がります。

・参加者を絞れる
海外という地理的条件が入ることで、本当に祝って欲しい人だけ呼ぶことができます。
嫌な上司など、呼びたくない場合には、海外で結婚式を行うという事実は、断る理由としては、最適です。

・アットホーム
想像しにくいかもしれませんが、海外ウェディングは、非常にアットホームな雰囲気になることが多いです。
招待客の人数が少なく、関係の近い人だけで行われる為
参加者同士、気兼ねすることなく、会話できることが、理由です。

・デメリット
日数がかかる
海外で結婚式を上げる上で、大きなデメリットは、どうしても日数がかかることです。
もちろん、場所が、グアムやハワイであれば、1泊2日の弾丸ツアーでも参加できますが
できれば、何日か滞在したいところです。

・参加者の負担
海外での結婚式の場合、参加者の負担が大きい為、ご祝儀は、もらわず
渡航費用+滞在費用を負担してもらう場合は、ほとんどです。
両親や親族分は、新郎新婦が負担する場合もあります。

海外での結婚式の準備

結婚式 ハワイ

海外での結婚式を各項目別にまとめて見ました。

・コーディネーター
最初に必要なのは、コーディネーターです。
単なる旅行であれば、直接宿を予約してなどできるのですが
海外結婚式の場合、ドレスやヘアメイクなど用意するものが、膨大な為
コーディネーターを立てるのが普通です。

どこで探すのか迷いそうですが、意外なところで海外旅行代理店のHISなど旅行代理店が
が、扱っています。
また、海外の結婚式コーディネーターとしての最大手は、ワタベウェディングです。

・準備期間
帰国後パーティをやるかなど、どのような結婚式をやるのかで、かなり違うのですが
海外挙式だけの場合、半年前〜2ヶ月前と国内より短めです。

これは、海外での結婚式では、披露宴を行わないこと
海外でコーディネーターがかわりに準備してもらえる物が大事ななどが、理由です。

・費用
高いイメージがありますが、渡航費用、挙式、食事会費用など総費用として100万円〜120万円と言われています。

・日取り・季節
参加者の負担を考えてGWやシルバーウィークの開催が多いですが
渡航先の雨期を避けて計画することもあります。
ただ、雨期といっても日本の梅雨と違って一日中降っているわけではない地域もあるので
場所によって、計画する必要がありそうです。

・招待者
さきほどの出ましたが、海外での結婚式の場合は、新郎新婦2名のみ、または、両親兄弟のみの場合が、多いです。
ただ、グアム、ハワイなど近場の場合親族をいれても20〜30名くらい規模も増えてきています。

・衣装
レンタルのドレスは、購入するのと費用的な差がほとんど無いため、国内でパーティをする場合
2回借りるよりは、購入した方が得な場合があります。

まとめ

会費婚 レスタジ

海外での結婚式は、ここ最近一般化してきており、費用面でも国内に負けないレベルになってきています。
海外のオープンな雰囲気の中でアットホームな結婚式を挙げてみては、いかがでしょうか。

参考:http://felicita.weddingpark.net/guide/money.html

「会費婚」から結婚式準備のための完全ガイドご用意いたしました!
結婚式準備から当日、終了後まで、時系列でわかりやすい一冊のガイドになっています。
どのタイミングでどんな準備するのか、より楽しみながらイメージを膨らませることがでいます。
ぜひこれからのご準備にお役立てください!

【会費婚note】に「いいね♡」する