「会費制」と「ご祝儀制」結婚式、それぞれのメリットを比較してみよう

「会費制」と「ご祝儀制」結婚式、それぞれのメリットを比較してみよう | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

爆発的な人気を誇る「会費制結婚式」と、従来の形式にこだわる「ご祝儀制結婚式」

今この記事に辿り着いたあなたも、どちらにしようかと迷っているプレ花嫁さんのお一人ではないでしょうか。

それぞれ沢山のメリットがありますが、あなたは本当に全てのメリットを把握していますか?

 

会費制結婚式のメリットは6

会費制結婚式とは、ゲストからご祝儀ではなく「会費」を頂く結婚式です。

北海道が発祥なのですが、今は20代のカップルを中心に全国的に広がっており、爆発的な人気を誇ります。

さてこの「会費制結婚式」、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

自己負担額が少ない

当サイトでもご紹介している「会費婚のパッケージプラン」では、自己負担がなんと5万円から!

数百万円もの大金を用意しなければいけないご祝儀制とは、自己負担額の桁が違います。

また、当日の会費で支払いになるので、数百万円の前払いをする必要もありません◎

⇒CHECK!【え、ホント?!貯金0円でも結婚式ができる方法がある?!】の記事はコチラ

 

ゲストの負担を軽減できる

会費制結婚式の平均的な会費は1.5万円~2万円、3万円が相場のご祝儀結婚式と比べると1万円以上の差額が出ます。

皆さんもご経験があるかと思いますが、「3万円はちょっとキツイ」のが本音ですよね。

勿論これ以下でもこれ以上でも、会場や演出内容に合わせて上下することが可能です。

⇒CHECK!【料理の形式は?会場は?引菓子は?【会費制結婚式の会費相場】目安ガイド】の記事はコチラ

 

3 引き出物を準備する必要がない

会費制結婚式はあくまで「会費」を頂くので、豪華な引き出物を用意する必要がありません。

ただし、気持ちとして500円~1000円くらいの引菓子やプチギフトを用意するのが主流です。

⇒CHECK!【相場は?人気の品は?会費制結婚式で準備する引菓子やプチギフトのアレコレ】の記事はコチラ

 

準備期間がご祝儀制よりも短い

会費制結婚式は、ご祝儀制結婚式よりも準備期間が短くて済みます!

勿論こだわり抜く方はその分の打ち合わせが必要ですが、当サイトがご紹介している「会費婚」では、平均4回の打ち合わせのみで結婚式をすることが可能です◎

お仕事が忙しくてなかなか準備時間を取れない・お急ぎ婚・授かり婚のカップルは、準備期間が限られているのでイチオシです♪

 

カジュアルにも本格的に演出できる

「会場はレストラン」というイメージが強い会費制結婚式ですが、一流ホテル・人気の結婚式会場などでも披露宴をすることが可能です。

  • ・カジュアルに友人だけでパーティーをしたい ⇒ レストランや人気のカフェ
  • ・予算を落としつつも豪華な披露宴をしたい ⇒ ホテルや結婚式場

など、会費制結婚式はお好み通りに演出することが可能です◎

⇒CHECK!【こんなにも選択肢がある!会費制結婚式で使用できる会場の種類ガイド】の記事はコチラ

 

 

多くのゲストを招待できる

会費制結婚式は、ゲストの人数に合わせて会場やパーティー形式を好みにカスタムできるので、大勢の人を招待することが可能です。

会場に合わせて人数を決めなくても良いので、特に友人・知人の多いカップルにおすすめ!

会場をゲストハウスや大型のレストランにし、食事形式を立食スタイルにすれば、数百名のゲストを招待することも可能です。

⇒CHECK!【メリットは?デメリットは?会費制結婚式を立食パーティー形式にする前に知っておきたいアレコレ】の記事はコチラ

 

ご祝儀制結婚式のメリットは3

ご祝儀制結婚式とは、平均3万円の「ご祝儀」を頂く結婚式です。

従来型の結婚式として根付いているスタイルですが、会費制結婚式に比べると予算が高いというデメリットがあります。

さてこの「ご祝儀制結婚式」、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

財力や人脈をアピールできる

会場のランクや装飾などにとことんこだわり、豪華絢爛な結婚式にすることで両家の財力をアピールすることができます。

また、ご祝儀制結婚式では主賓・来賓ゲストが必ずいるので、両家の人脈の広さをアピールすることも可能です。

 

相場が決まっている

ご祝儀制結婚式は、招待するゲストの人数にもよりますが平均300~400万円と相場が決まっています。

ただし、ご祝儀が予想していたよりも少なかった、一生の記念だからとオプションを追加して最終的に赤字になった、というケースも多くみられます。

また、ご祝儀制では全額を前払いするケースが一般的です。

 

3 高齢者にはご祝儀制が好まれる

会費制結婚式は北海道では文化として根付いていますが、数が増えているとはいえ全国的にはまだ“新しいカタチ”の結婚式です。

若いゲストに喜ばれる会費制結婚式ですが、年配のゲストからはご祝儀制の方が好まれる傾向にあります。

 

今、会費制結婚式が注目されている!

会費制結婚式とご祝儀制結婚式のメリットはもうお分かりいただけましたよね!

両者の一番の違いは、ゲストから「ご祝儀」として頂くか「会費」として頂くかというポイントです。

高額になりがちなご祝儀制結婚式よりも、自己負担額もゲストの負担も減らすことができ、しかも好みの会場や演出をカスタマイズできる「会費制結婚式」…とても魅力的ではないでしょうか?

少しでも会費制結婚式が気になったというそこのあなた、自己負担5万円から本格的な会費制結婚式ができる「会費婚」ラウンジに、気軽に遊びに行ってみませんか?

 

『会費婚』は本格的な結婚式から、カジュアルな1.5次会まで幅広くご利用頂けるサービスです。 ゲストも大満足の会費制結婚式や1.5次会は会費婚にお任せください。

『会費婚』は本格的な結婚式から、カジュアルな1.5次会まで幅広くご利用頂けるサービスです。
ゲストも大満足の会費制結婚式や1.5次会は会費婚にお任せください。

 

関連記事

カメラマンは?司会者は?会費婚の「パッケージプラン」費用に含まれているもの

会費婚の『自己負担5万円のプラン』は、素敵なブーケや生花の高砂装花も入っている!

会費制結婚式で2万円って高い?少々高額な会費を頂く際の注意点

「会費婚」から結婚式準備のための完全ガイドご用意いたしました!
結婚式準備から当日、終了後まで、時系列でわかりやすい一冊のガイドになっています。
どのタイミングでどんな準備するのか、より楽しみながらイメージを膨らませることがでいます。
ぜひこれからのご準備にお役立てください!

princhipesa ライター MC、タレント、モデル、チーフ・レセプショニスタ、弁護士事務所勤務…などの経歴を持つアラサーライターです(`・ω・)☆ ホテル勤務経験で培ったマナーや作法を活かしたコンテンツを提供し、少しでも皆さんのお役にたてれば幸いです。
【会費婚note】に「いいね♡」する