会費制で結婚式を行う新郎新婦が増加中!?

会費制で結婚式を行う新郎新婦が増加中!? | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

会費制で結婚式がやりたい!新郎新婦が増加中

結婚式 会費

最近では、結婚式をご祝儀制ではなく「会費制」で結婚式を行う新郎新婦様が増え
多くの結婚式を考えているカップルが注目をしています!

なんで会費制?

ご祝儀 結婚式 お祝い

なぜなら日本の結婚式といえば値段も高く、ご祝儀制といった決まりもありましたが
実際は招待するゲストの皆様への負担が大きく(結婚式に出る為にローン組んだり、お金借りたり)
会費制ではない、通常のご祝儀制の結婚式だと参加してもらえないこともあるそうです。

そのため会費制にしてご祝儀制(3万円)より低い値段に決めることで
結婚式参加へのハードルを大幅に下げることができます。

*ご祝儀相場=飲料代(2万円)+引き出物代(1万円)=3万円

みなさまご存知でしょうか?

ご祝儀制の場合、会社の上司をお招きする際は平均5万円と言われています

これは上司の方にとっては大きな負担になりますよね。
もし全員が同じ会費の値段で良かったら、上司の方々にとっても非常に喜ばれますね。

今後自分が上司になること考えたら・・・。部下から月に2回でも呼ばれたら・・・。
大変ですよね?

他にもメリットがあるんですよ!

新郎新婦にとっても、会費制の方が負担がない

考える 結婚

いくら包んでいただけるかわからないご祝儀制と違い、
新郎新婦にとってゲストからの会費の値段が事前に決まっているため
二人が負担する値段まで把握できるので、安心なのが会費制結婚式の良いところです。

ご祝儀袋開けて、思っていた金額が入っていなかったらショックな反面
思わず「えー」って気持ちになりますよね?

会費制の結婚式を利用している新郎新婦様の特徴は大きく分けて2つ

結婚式 会費

1)結婚式にあまりご予算をかけたくない
ゲストの皆様にもご祝儀(通常3万円~)といった負担をかけたくない
(参加費の値段を下げて多くの人に来てもらいたい)

新郎新婦が負担している引出物の値段も人数分とあらば高額になってしまいます。

特に女性はご祝儀だけでなく、全身コーディネートのため男性のスーツと違い使いまわしが難しく
衣装代もかさむ&結婚式の当日は美容院に行ってヘアセットを行う方がほとんどのため
その値段だけでも追加で2000~3000円はかかってしまいます。

(※女性の平均結婚式参列時の負担は約4~5万円といわれています。)

そこで、会費制の結婚式にした場合
本来ご祝儀で行うものと同じ内容の結婚式を
とてもリーズナブルに行うことができ、会費制(平均2万円前後)であることで
女性ゲストの方は美容院でのヘアセット代や2次会まで参加しても
最終負担がご祝儀とほぼ同額の3万円前後の値段で済んでしまうんです。

これはすごい!

もうひとつは、
2)海外ウェディングや国内リゾートウェディングを検討されているカップルに
挙式から帰ってきた後の、国内披露パーティーとして会費制の結婚式がとても人気です。

(リゾートウェディング(ハワイの場合)の値段は平均150~200万円と言われています)

費用面や時間的理由で、リゾート挙式にはなかなか呼べなかった大切なゲストに対して
改めてしっかりした報告の場を設けたり、ウェディングドレス姿を披露したい新郎新婦がほとんどだそうです。

しかしながら、
すでにメインの挙式が終わっているために、ご祝儀制ではハードルが高く
なかなか声が掛けづらいし、お祝いって形だともらいにくい
といった理由から会費制を考えている新郎新婦が増えています。

会費制にすることで友達やお世話になった先輩、高齢で海外に行けなかったおじいちゃん
などにも声をかけることもできて
さらにご祝儀に比べて参加費の値段を下げることもできます。

しっかりした会場で新郎新婦もゲストも負担を押さえ、
お披露目パーティーを行うことができるため
今後もより多くの新郎新婦が、「どんな結婚式にしよう?」とおもった時に
会費制を選ぶ人が今後も増えていきそうですね。

「会費婚」から結婚式準備のための完全ガイドご用意いたしました!
結婚式準備から当日、終了後まで、時系列でわかりやすい一冊のガイドになっています。
どのタイミングでどんな準備するのか、より楽しみながらイメージを膨らませることがでいます。
ぜひこれからのご準備にお役立てください!