結婚の理想、意外と叶う?調査結果から読む「結婚の理想と現実」

結婚の理想、意外と叶う?調査結果から読む「結婚の理想と現実」 | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

まだ見ぬ結婚相手に、理想を抱いている人は多いと思います。ここでは、結婚の理想と現実について調査した、興味深いアンケートの結果をご紹介します。もしかすると、あなたの理想は現実離れしているかもしれません!

red-631349_1280

理想の条件、多くは性格が大切?

今回のアンケートは、楽天ウェディングが行なったもの。全国20〜49歳の男女の中から、既婚者500名を対象にアンケートを実施した結果です。

結婚相手の理想の条件を尋ねると、1位は「一緒にいて楽しい」が男女ともにトップという結果に。続いて2位が「優しくて思いやりがある」3位が「性格や価値観が合う」など、男女ともに性格についての理想を大切にしていることがわかりました。

理想の条件というと、「年収」「学歴」「見た目」というものが重視されそうにも思いますが、意外と多くの人は性格や中身を重視しているようです。

男性の場合は、3位以降に「料理が上手」や「家事が得意」という意見も出していますが、女性は「ギャンブルをしない」「真面目」など、中身をとにかく重視していることがわかります。

bride-and-groom-768594_1280

理想と現実は違う?

さて、理想の条件を見たところで、実際にその理想の条件が満たされているかを調査した結果も見ていきましょう。

男女ともに重視していた「一緒にいて楽しい」「優しくて思いやりがある」は、実際に結婚相手が満たしていると感じているカップルが多いようで、理想と現実にほとんど差は生じていないようです。

ただし、男性の「家事が得意」は、現実的にはほとんど満たされておらず、実際に妻は家事が得意だと感じている男性は全体の2割にとどまる結果になりました。

性格を重視する人が多かったアンケート結果ですが、高年収を求める人もいるのが現実です。実際の結婚相手の年収と、理想の年収を比較したところ、その差額は約85万円ほど低く、理想の年収平均は701万円という結果でしたが、現実の年収の平均は616万円となりました。

なかなか簡単には高年収の相手は見つけられないということでしょうか…。

理想との違いに結婚を後悔する女性が多数!?

さて、性格的な理想は満たされる傾向にあり、年収などの条件面では理想が叶わないことが多い現実の結婚生活。今のパートナーと結婚してよかったかどうかを尋ねる質問では、結婚してよかったと答える人は80%を超え、多くの人が幸せな結婚生活を送っているようです。

red-631346_1280

しかし、一方では後悔していると答える人もいて、その男女比はなんと、男性が1%に対して女性は8%も。男性は満足している結婚生活も、女性はもしかしたら後悔しているのかもしれないという、ちょっと驚きの結果になりました。

理想と現実はなかなかマッチしないものかもしれませんが、大切なのは今現在の結婚生活です。やはり、相手を思いやって、コミュニケーションをし、今を満ち足りたものにすることが大切なのかもしれませんね。

調査方法: インターネットリサーチ
調査期間:  2016年7月1日(金)から4日(月)
調査対象: 楽天リサーチのモニター 10,000名(全国の男女20歳~49歳)のうち、既婚者500名

「会費婚」から結婚式準備のための完全ガイドご用意いたしました!
結婚式準備から当日、終了後まで、時系列でわかりやすい一冊のガイドになっています。
どのタイミングでどんな準備するのか、より楽しみながらイメージを膨らませることがでいます。
ぜひこれからのご準備にお役立てください!

杉浦優子/CORi products 神奈川県鎌倉市在住。WEBコンテンツを中心にフリーランスとして活動。少しでもお役にたてる情報を発信できればと思います。
【会費婚note】に「いいね♡」する