気軽な気持ちでは見れなくなります。バージンロードの意味を知りましょう。

気軽な気持ちでは見れなくなります。バージンロードの意味を知りましょう。 | 披露宴・1.5次会・帰国後パーティーは会費制結婚式の【会費婚】

2015.6.27th. | By  | 

バージンロードの意味

8af8de86b058463e39e617b2fe7feec9_s

【バージンロードの色の違い】

みなさんバージンロードの色にいくつか種類があるのをご存知ですか?

その色は、主に赤・緑・そして白。
本来のカトリック宗派のバージンロードでは、赤・緑、
そしてプロテスタント宗派のバージンロードでは、白が正式とされています。

それぞれ、赤いバージンロードは
「聖霊の祝福」「命を共に歩んでいく深い愛情」
緑のバージンロードは、
「希望」
という意味が込められています。

一方で、白いバージンロードは
「輝きと命」「勝利と喜び」「純潔」「永遠の命への希望」
という意味があります。

また、少数ですが青色のバージンロードもあるんですよ。
「果てしなく続く空や海のように永遠に続く愛」
という意味が込められています。

バージンロードの色が異なるだけで、
そのチャペルの雰囲気やドレスの見え方も全く変わってきます。

お好きな色を選ぶのも楽しいですね。

【バージンロードの意味】

バージンロードの道は、花嫁の人生を表しているそうです。

チャペルの扉が開かれるとき、
とても感動的ですよね。

こちらのシーンは、花嫁の誕生を意味するのだそう。

花嫁がチャペルに歩み出てまず初めにする儀式・・・
それは母親によるベールダウンです。

これから始まる新たな人生の幸せを願って
母親が花嫁のベールをそっと降ろします。
今まで大切に育ててきた花嫁の最後のお支度を母親がするシーンは、
挙式の中でも特に深い愛情が感じられる感動的な演出。
そして花嫁もベールを降してもらうことによって、母親のお腹の中に戻り新たなスタートを切ることができるのです。

続いて、父親と歩くバージンロードの道。
今まで大切に育ててくれた父親と、過去を振り返りながらゆっくりと歩んでいく・・・
その一歩一歩が約1年間ごとの歩みを意味します。
そしてその周りには、今まで支え続けてくれた友人や家族がいて、
そういった人たちに、改めて感謝の気持ちを感じることが出来るのです。

そして・・・

花嫁は新郎と出会います。

父親と母親に支えられながら歩んできた人生を、
父親の手で新郎との新たな人生に引き継がれるのです。

バージンロードにはこんな素敵な物語があります。

結婚式の代名詞ともいわれるバージンロード。
改めてその意味を考えてはみませんか?

「会費婚」から結婚式準備のための完全ガイドご用意いたしました!
結婚式準備から当日、終了後まで、時系列でわかりやすい一冊のガイドになっています。
どのタイミングでどんな準備するのか、より楽しみながらイメージを膨らませることがでいます。
ぜひこれからのご準備にお役立てください!

【会費婚note】に「いいね♡」する