• LINEでお問い合わせ
  • お急ぎの方は、
会費婚のメリット


会費婚の5つのメリット

merit1 自己負担が少ない

自己負担が少ない

会費婚では、ゲストからの会費でパーティーに必要なアイテムがほぼカバーできてしまうことと、会費制の場合はご祝儀返しが必要がないため、新郎新婦様のご負担を抑えることができます。

準備も一般的な結婚式よりも簡単なため、時間と費用の大幅な節約になります。また、当日の会費でお支払いになるので、数百万円もの大金を前払いをする必要もありません。

会費婚のプランを知りたい

meri2 会費制だからゲストも安心

会費制だからゲストも安心

会費婚の平均的な会費は1.5万円~2万円、3万円が相場のご祝儀結婚式と比べると1万円以上の差額が出ます。何よりも金銭的な負担を抑えられるのが最大のメリットです。

また会費制結婚式・1.5次会は、招待されるゲスト全員が一律同じ金額のため、ご祝儀のようにいくら包んで良いのかも悩むこともありません。

会費婚のウェディンレポートを見る

meri3 引き出物や
ご祝儀返しの必要がない

引き出物やご祝儀返しの必要がない

会費制結婚式では、あくまで「会費」をいただくので、豪華な引き出物を用意する必要がありません。

お気持ちとして500円~1,000円くらいの引菓子やプチギフトを用意するのが主流となっていますが、会費婚ならパッケージプランに含まれているので安心です!

パッケージプランを知りたい

meri4 準備期間が通常よりも短い

準備期間が通常よりも短い

会費婚は、ご祝儀制の結婚式よりも短い期間(平均3〜4回の打ち合わせ)でしっかりと準備することが可能です。

お仕事が忙しくてなかなか時間を取れない方や、お急ぎ婚・授かり婚などで準備期間が限られている方でも安心して進めることができます。

結婚式までの流れを知りたい

meri5 カジュアルにも
本格的にも演出できる

カジュアルにも本格的にも演出できる

会費婚の会場は、一流ホテルやおしゃれなゲストハウス、カジュアルレストランなど、幅広くご用意しております。

友人だけを集めたカジュアルなパーティーから、親族・上司を招待したカッチリとした披露宴まで、お好みのスタイルで開催することが可能です。

会費婚の会場を知りたい

「会費制」結婚式と
「ご祝儀制」結婚式の違い

ゲストのみなさまに
ご持参いただく金額が一律

ご祝儀制の場合は、「ご祝儀」=お祝いの気持ちのお金としてゲストのみなさまからお金をいただきますが、包む金額が決まっているわけではないため、結婚式を計画するときに予算が立てづらいという難点があります。
しかしながら、会費制の場合はゲストのみなさまにご持参いただく金額が会費として決まっているため、ご参列いただけるゲストの数が決まればいただける金額の相違はまずございません。
新郎新婦は安心して結婚式の準備をすることができます。

引き出物は基本的に不要

ご祝儀制の場合、ご祝儀にはお祝いの気持ちを込めた金額が含まれているので、お祝いをいただいた分のお返し=引き出物が必要になります。
会費制の場合は、いただいたお金は結婚式の会費ですのでお返しは必要ないというのが基本的な考え方です。
しかしながら、新郎新婦の配慮でお菓子やその他お好みのギフトを用意したいなど、会費の設定によっては引き出物を準備したりすることも可能です。

0120-288-122

0120-288-122

当日のご来店受付も可能でございます。
お気軽にお問い合わせください。